ポーランド

ヴィエリチカ岩塩坑の礼拝堂が素敵すぎる件!※寒いから注意

ヴィエリチカ岩塩坑に興味のある人
ヴィエリチカ岩塩坑に興味のある人
・世界遺産のヴィエリチカ岩塩坑の礼拝堂ってどんな感じ?

寒いって噂は本当?行き方や注意点を教えて!

 

今日の記事では上記の疑問に答える形で、クラクフから日帰り可能なヴィエリチカ岩塩坑についてシェアしたいと思います。

【記事の内容】

  • クラクフからヴィエリチカ岩塩坑への行き方
  • ヴィエリチカ岩塩坑の入場料、注意点
  • ヴィエリチカ岩塩坑の様子
  • 聖キンガ礼拝堂の様子
  • クラクフ旧市街を紹介

 

RIE
RIE
一番の見所は、地下にある塩の礼拝堂だよ!最後にクラクフ旧市街の様子も紹介するね。

ヴィエリチカ岩塩坑って?

ヴィエリチカ岩塩坑

ポーランドの古都クラクフから日帰りで行ける観光地として有名なのが、世界遺産のヴィエリチカ岩塩坑です。

ヴィエリチカ岩塩坑は、世界で最初に登録された12ある世界遺産の一つでして、全長300km、深さ327mの巨大岩塩坑として知られています。

クラクフからヴィエリチカ岩塩坑への行き方

クラクフ市内からヴィエリチカ岩塩坑までは10kmの距離があり、列車で25分、バスで40分の道のり。

 

バスだと、バス停はこのパン屋さんのそばにあります。

RIE
RIE
駅前のバス停ではないのでご注意を。私は1時間ほど彷徨いました(涙)

 

304番のバスに乗って40分。

ヴィエリチカ岩塩坑 クラクフ バス停

「Wielicka Kopalnia Soli」で下車すれば、ヴィエリチカ岩塩坑に到着します。

バスの運賃は、片道4ズウォティ(約123円)でした。

入場料やカメラ代、荷物について

さて、12時に到着すると大行列のヴィエリチカ岩塩坑!

ヴィエリチカ岩塩坑

岩塩坑の中は全長300kmあるので、迷ったら最後。

自由に見学する事は許されておらず、ガイドが案内してくれるシステムです。

 

私が申し込めたのは13時のツアーで、入場料84ズウォティ(約2,583円)

カメラ代として、別途10ズウォティ(307円)が必要でした。

ヴィエリチカ岩塩坑ガイドツアーの時間帯
ヴィエリチカ岩塩坑 入場料ヴィエリチカ岩塩坑の入場料

大きな荷物は持ち込めないので、敷地内の荷物預かり所へ預けてからツアーに参加しましょう。

 

言葉の面で英語ガイドだと不安があるなら、私がよく利用している現地オプショナルツアー会社ベルトラ企画の日本語ガイドツアーに参加するのもアリかと。

ホテルまで迎えに来てくれるので、バス停探しに迷うことはなくなります。

日本語ガイドツアー
 

注意点(距離と寒さ)

ヴィエリチカ岩塩坑

お次は実際に訪れてみて感じた、ヴィエリチカ岩塩坑見学の注意点を挙げていきます。

 

まずは、距離とその深さ

第一ステップとして、64m下まで380段の階段を降りなければなりません。

ヴィエリチカ岩塩坑

下の下の下まで階段が続いているのが、お分かり頂けますか?

ヴィエリチカ岩塩坑

下りだから楽だけど、気が遠くなるし目が回ります。

64m降りて終わりではなく、さらに下って歩いて本当に距離が長いので、足腰の弱い方は結構キツイんじゃないかなーと思いました。

RIE
RIE
この階段だけでも観光名所になるのでは?

 

もう一つの注意点として、地下深くを見学するので寒いです。

気温15度前後らしいですが、長時間地下にいるので冷えてきます。

必ず上着を持参しましょう。

聖キンガ礼拝堂へ向けて出発

ヴィエリチカ岩塩坑

ツアーはガイド1人に対して、20~30人(?)がグループになって一緒に回ります。

他のグループもいるので、繁忙期は特に自分のガイドを見失わないよう気を付けて下さい。

ヴィエリチカ岩塩坑

 

岩塩坑内はただ突き進むわけではなく、採掘の様子が分かるよう各所に展示があり、立ち止まって丁寧にガイドが説明してくれます。

ヴィエリチカ岩塩坑 ヴィエリチカ岩塩坑

実際に1996年まで、此処で採掘が行われていたそうです。

1996年って、つい最近ですよね。

ヴィエリチカ岩塩坑 ヴィエリチカ岩塩坑 ヴィエリチカ岩塩坑

岩塩で作った彫刻品はどれも見事で、まじまじと見つめてしまいました。

ヴィエリチカ岩塩坑

 

壁は漆喰で白く塗られているのですが、これは塩による腐敗を防ぐためと、明るくするための工夫(停電時の道しるべ?)だそうです。

ヴィエリチカ岩塩坑 漆喰の壁 ヴィエリチカ岩塩坑

 

お目当ての聖キンガ礼拝堂は、ツアー終盤に差し掛かってきた所で現れます。

これ、ぜーんぶ岩塩でできてるんですよ。

ヴィエリチカ岩塩坑

壁も階段も何もかも塩です。

ヴィエリチカ岩塩坑

壁画も塩。

ヴィエリチカ岩塩坑

最後の晩餐ならぬ、岩塩の晩餐。笑

ヴィエリチカ岩塩坑

このシャンデリアも、塩で作られているって信じられます?

ヴィエリチカ岩塩坑

シャンデリアを真下から見上げても、塩で出来ているとは到底思えない精巧っぷりでした。

 

祭壇も素晴らしい事、この上なし。

ヴィエリチカ岩塩坑

予想を上回る素敵さに、もっと長い時間留まっていたかったけれど、ガイドに促されるまま後ろ髪引かれる思いで礼拝堂をあとに。

 

岩塩坑内にはレストランや売店が備わっていて、人気のお土産はバスソルトだそうです。

世界遺産の岩塩は、きっと肌に良いはず。

ヴィエリチカ岩塩坑

13時にスタートしてツアーが終了したのは15時。

15時半に地上へ出られたので、所要時間2時間半でした。

2時間半で見学した距離は3.7kmで、これは岩塩坑全体の1%というから驚きですよね。

 

ヴィエリチカ岩塩坑の口コミを調べたら賛否両論あって、正直行こうか迷っていたのですが来て本当に良かったです。

岩塩でできた礼拝堂なんて滅多に見られるものではないし、本当に貴重な体験をしたなーと後になって思います。

RIE
RIE
ヴィエリチカ岩塩坑、私はおすすめですよ。

日本語ガイドツアーを見る
 

クラクフの旧市街観光

クラクフ観光

最後にクラクフ旧市街を少し紹介しますね。

 

クラクフは、ほとんどの観光名所が中心部にまとまっているので徒歩で回れますし、中央駅にはショッピングモールが入っているため、不便なく観光できる街だと思います。

 

まずは、クラクフで1番人気の観光地(?)ヴァヴェル城

中央広場から歩いて10分位で行けます。

クラクフ観光

ヴァヴェル城の見所はドラゴンが住んでいたという地下洞窟で、ドラゴンはクラクフのマスコット的存在になっています。

クラクフ観光

洞窟から出ると、火を噴くドラゴン像が迎えてくれますよ。

 

お次は、観光の起点となる中央広場

クラクフ観光 クラクフ観光 クラクフ観光

周囲は、旧市庁舎塔織物会館、内部が美しい聖マリア教会などに囲われていて、大勢の人々で賑わっています。

クラクフ観光旧市庁舎塔
クラクフ観光織物会館
クラクフ観光聖マリア教会

 

治安は良好だし、旧市街の街並みは美しいし、クラクフは過ごしやすい良い街でした。

クラクフ観光 クラクフマクドナルド

まとめ

ヴィエリチカ岩塩坑と、古都クラクフの旧市街を紹介しましたが、参考になる情報はありましたか?

 

ヴィエリチカ岩塩坑はポーランドが誇る納得の世界遺産で、他の国ではお目に掛かれないレアスポットです。

ポーランドの物価からすると入場料は高めですが、その価値は充分あるのではないかと。

クラクフを訪れたなら、日帰り可能なヴィエリチカ岩塩坑へぜひ足を延ばしてみて下さい。

尚、日数が限られている方には、アウシュヴィッツ強制収容所とヴィエリチカ岩塩坑へ1日で行く現地ツアーが効率良くておすすめです。

現地ツアー詳細
 

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です