ナミビア

エトーシャ国立公園のキャンプサイトで、夜の動物観察

  • ナミビアをレンタカーして周りたい!1日目は何処へ行くのがいい?
  • エトーシャ国立公園のオカクエジョキャンプサイトってどんな感じ?

今日は、このような疑問願望をお持ちの方へ向けた内容になっています。

 

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

ナミビアの首都ウィントフックに滞在中の私。

治安の悪いウィントフックに足を運んだのは、ナミビアをレンタカーで周遊するため!

ナミビアは交通網が発達していないため、レンタカーで旅する人が非常に多く、私も日本人5人で車を借りて7泊8日間のナミビア観光を楽しみました。

 

今日の記事は、ナミビアレンタカー旅1日目

エトーシャ国立公園オカオクエジョキャンプサイトの宿泊レポートと、夜の野生動物観察の様子を中心に書いていきたいと思います。

 

ナミビアレンタカー旅1日目!レンタカーして出発

ウィントフック レンタカー

日本人5人で行く、ナミビアレンタカー旅1日目。

 

レンタカーはネット予約して、ウィントフックのAVISで借りました。

ナミビアでレンタカーするとトラブルが多いため、よく聞くトラブルから以下に注意して借りれば、安心だと思います。

  • 前日に車が手配されているか確認すべし
  • 保険にはフルで入るべし【重要】
  • 走行距離制限のない契約を
  • カード決済はスキミングに注意せよ

 

ウィントフックを出発

5人で8日間の車旅をするため、荷物は最小限に抑えて、メインバッグはカメレオン バックパッカーズで預かってもらいました。

そのためトランクはスカスカ。

ナミビア レンタカー旅

アイスランドを4人で回った時は、この荷物だったから雲泥の差ですね(笑)

アイスランドレンタカー荷物

今回ナミビアを回るのは、タンザニアで出会った日本人の男女4人。

初対面から20分後には、ナミビアを5人で回ろうって決まった決断力のある皆さまです。

運転手はY君のみ、なんと一人で8日間運転してくれます。

ナミビア レンタカー旅

他の4人は順番で助手席に座り、ナビ役を務めることに。

 

エトーシャ国立公園のオカクエジョキャンプサイトに宿泊

エトーシャ国立公園

ウィントフックから今日の目的地であるエトーシャ国立公園まで、5時間弱400kmの道のりでした。

 

エトーシャ国立公園とは

エトーシャ国立公園は、22,270平方キロメートルの広大な土地を持つ動物保護区でして、数百種の動物が生息していると言われています。

ちなみに、東京ドームが0.047平方キロメートルなので、どれだけ大きいか伝わりますかね。

RIE
RIE
複数のゲートや宿泊施設があって、此処に2泊する人もいるよ! 

 

公園内の道は整備されており、決められたルートの中であれば自由に自分たちの車で動くことができます

えっ?専用のバスや4WDに乗り換えるわけじゃないの?
RIE
RIE
違うの!レンタカーした車でゲームドライブができるよ。

 

ゲートを過ぎると早速、野生のシマウマたちが出迎えてくれました。

エトーシャ国立公園

 

オカクエジョキャンプサイトを写真で紹介

公園内に複数ある宿泊施設のうち、私たちが泊まったのはオカクエジョのキャンプサイトです。

※こちらの公式サイトから予約可能

 

ツーリストセンターで、宿泊料金を支払ってキャンプ場へ。

オカオクエジョ オカオクエジョ

敷地面積が広いだけあって、キャンプサイトも広々としていました。

オカオクエジョ

私たちは5人なので、2張りのテントに2人ずつと、女性陣が日替わりで1人車に寝ることになりました。

ナミビア 車中泊

オカクエジョキャンプサイトは、キッチン(水道のみ)やホットシャワー備わっており、ヨーロッパのキャンプサイトと変わらぬ設備で快適でした。

オカオクエジョ

 

エトーシャ国立公園の費用

エトーシャ国立公園で支払った費用は1人当たり308ナミビアドル(約2,672円)で、内訳は以下の通りです。

エトーシャ国立公園の費用内訳
  • 国立公園入場料ー1人80NAD/車1台10NAD
  • キャンプサイトの宿泊費ー1人200NAD/車1台130NAD

国立公園のゲートは日の入りと同時に閉まってしまうので、入園時間にはご注意下さい。

 

エトーシャ国立公園の水飲み場で夜の動物観察

ナイトサファリ

目の前に、人工の水飲み場があるオカクエジョキャンプサイト。

水を飲みに来る動物を、24時間見学することができます。

 

せっかくなので就寝前に行ってみたところ、動物たちが姿を現してくれました。

エトーシャ国立公園
RIE
RIE
スプリングボックス、オリックス、キリン、サイ、ゾウなどなど色んな動物が見れたよ〜!
ナイトサファリ

遠くで動く黒い物体が近づいてきて、「サイだ、ゾウだ」と判別がついた時の楽しさったらないですね。

エトーシャ国立公園

力関係があるのか、別の動物が水を飲み終わるまで後ろで待つ動物の姿を見たり。

野生の動物をじっくり観察するのは初めてだったのと夜の雰囲気が合間って、ワクワクドキドキとても楽しい時間でした。

水飲み場まで距離があるので、望遠レンズや望遠鏡があると便利だと思いますよ。

 

ナミビアレンタカー旅1日目まとめ

ナミビアレンタカー旅1日目は、車を借りて移動からの、エトーシャ国立公園内を少しだけゲームドライブして終わりました。

水飲み場に来る動物を夜間に観察できたのは、貴重な経験だったと思います。

 

次回も引き続き、エトーシャ国立公園に生息する動物を紹介しますのでお楽しみに。

以上、LトラベラーRIE(@l_traveler_)でした。

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です