LBGT

【変態集まれ】フランスのヌーディスト村で見た衝撃事実を暴露

ヨーロッパヌーディスト

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

フランス・アグドにあるヌーディスト村(ナチュリスト ビレッジ)潜入記事、第2弾!

訪問当時、ツイッターでヌーディスト村のことを呟いたら、問い合わせ数十件の反響を呼んだ注目の村(?)。

右も左も分からない状態で行ったら、幸運な事にヌーディスト村常連のフランス人ゲイおじさんと知り合って話を聞けたので、どこよりも詳しく最新情報をお伝えします!

  • 行ってみたいけれど、怖気付いてる人!
  • 行きたくはないけど、めっちゃ興味ある!

そんな方向けに、ヌーディスト村がどんな場所なのか、実態を暴露します

尚、前回と重複しますが、ヌーディスト村におすすめの方・おすすめしない方いますので、今一度確認願いします。

【こんな方におすすめです】

○日本では受け皿のない変態

○アブノーマルな嗜好を持った人

○マンネリ気味の夫婦やカップル

○刺激を求めているゲイやゲイカップル

【こんな方にはおすすめしません】

✖自然主義者ナチュリストの生活を体験したい人

✖女性一人

✖興味本位のグループ

✖レズビアンカップル

 

フランス・ヌーディスト村の場所

世界には数多くのヌーディストビーチが存在しますが、世界最大級のヌーディスト村(ナチュリスト ビレッジ)はフランス・アグドにあります。

詳しい行き方は、別記事にまとめたのでご確認下さい。

ヌーディスト村の施設やレストラン

ヌーディスト村の広い敷地内には、複数のレストラン、カフェ、バー、ホテル、スーパー、クラブ、ジム、ネイルサロンや日用品店があります。もちろん、全施設を裸で利用可。

裸で行ける診療所や郵便局があるのは、世界で此処だけなんじゃないかな。

ヌーディスト村郵便局裸で買い物カゴを持てるスーパーマーケットは、世界に此処だけでしょう(笑)

ヌーディスト村スーパー

レストランはジャンル豊富で選び放題。飽きが来ません。日本食代表はお寿司屋さんでした。

ヌーディスト村レストラン

私が利用したプール付のレストランでは、裸で泳いでいる人を見ながら食事をするという貴重な体験ができます(笑)

ヌーディストレストラン ヌーディスト村レストラン

夜になると音楽バーに様変わりして大賑わい。真夜中には男女がテーブルの上で絡み合ってるそうです。

※Googleアドセンスの規約上、アダルト系NGなのでオブラードに包みますが、つまりそういう事ですのでお察し下さい。

ヌーディスト村レストラン

オープンテラスでお酒を飲むヨーロピアンに混じって、ワインを頂いた夕暮れ時。

これは、フランス語で「プール」って意味の、氷がいっぱい入ったワイン。

ヌーディスト村レストラン

夕食で行ったイタリアンレストランでは、嬢王様と下僕が座るテーブルの横でピザを食べる、世にも奇妙な体験をしたのでした・・・。

ヌーディスト村レストラン

あ!ピザはイタリアで食べた物より美味しかったです(笑)

レストランの価格は、フランスだから日本よりやや高めですが、全体的に村の外で食べるのと大差ありません。

3パターンあるヌーディストビーチは

続いてはビーチについて。ヌーディスト村なので、当然ヌーディストビーチが存在します。

ただし、ビーチのパターンは3つあり

  1. ファミリービーチ
  2. 行き過ぎた行為が許されるビーチ
  3. ゲイビーチ

各ビーチごとの解説をしていきますね。

ファミリービーチ

ヌーディストビーチ
一番手前にあるのがファミリービーチです。所謂、普通のヌーディストビーチ

純粋に裸で海を楽しむ人向けエリアで、子ども~大人まで誰でも入れます。女性一人でも大丈夫!

子どもを見かけたけど、ここに連れて来るメリットが分からない。

行き過ぎた行為が許されるビーチ

ファミリービーチからずーっと奥へ進むと、人の塊が見えてきて、行き過ぎた行為が許されるビーチになってます。

ビーチにいたのは、こんな人たち

  • 純粋に海を楽しむ人
  • キスや、もう一歩踏み込んだ行為をしている男女
  • 行き過ぎた行為をしている男女
  • 行き過ぎた行為をしている男女+男女
  • 行き過ぎた行為をしている男女を眺めながら、行き過ぎた行為をしている男性
  • 行き過ぎた行為をしている男女を眺めながら、代わる事を待ち望む男性
  • 行き過ぎた行為をしている男女に触発されて、行き過ぎた行為を始める男女
  • に人の塊ができたと思ったら、行き過ぎた行為を始める女+男男男男男男男
  • 塊を見て、海で行き過ぎた行為を始める女+男男男男男
  • 人生最大のどん引きを経験した私

※男女はカップルや夫婦が主で、男女+男女は2組のカップルや夫婦が相手を交換しています

常に警察がいて、皆さん同意の上だから、危ない事はないけど。

 

【衝撃の真実】

アグドのヌーディスト村は世界で唯一、公共の場で行き過ぎた行為が許されている場所

カップルや夫婦交換が盛んな場だったのです

 

とんでもない場所に来ちゃった・・・。

真のナチュリストたち何処いった・・・!?涙

ビーチ後ろの草むらは、迂闊に入ってはいけないゾーンだそうなので、女性一人で絶対に立ち入らないようにして下さい!

 ゲイビーチ

さらに奥はゲイ専用ビーチがあります。

私は入れないので詳細は不明ですが、男性同士で行き過ぎた行為をしているらしい。

ヌーディスト村にあるゲイバー

同性婚が認められているフランス。

ヌーディスト村にはゲイ専用ビーチの他に、LGBTスポットとして、ゲイ専用のクラブバー「QAKC」と、女性入店OKなゲイバーが1軒存在します。

ヌーディスト村ゲイ

別の店では、ドラァグクイーンショーが開催されてます。

ヌーディスト村夜遊び

私が村で見かけたのは、レザーを纏ったハードゲイの方々と、40~50代のゲイカップル。

男女と同じ権利が、当たり前に同性愛者間で認められている環境っていいですね。

ヌーディスト村の夜遊びスポット

続いては、夜遊びスポットについて。

日中は裸で過ごし、日が沈むと衣服を着るヌーディスト村の人々ですが、ズボンにパーカー姿だったのは私だけで、

女性たちは、写真のディスプレイのようなセクシー衣装を身に纏っています。

ヌーディスト村夜遊び

男性陣は、半袖短パンのラフな格好の人も居れば、

写真のようなハードな格好だったり、首輪を付けて嬢王様に連れられている人が居たり。

ヌーディスト村夜遊び

私にとっては異質な世界でも、ここに居る人たちにとっては普通の世界で、当たり前に皆んながそれを受け入れています

 

日本で肩身の狭い思いをしている変態諸君よ。

キミの居場所はフランスにある!

 

写真の踊るクラブはフリーって書いてあるから入場無料なのかな?

ヌーディスト村夜遊び

夜遊びスポットは夜中1時頃から賑わい始めます

こっちもクラブって書いてあるけど、バーやプール、サウナ、個室があって、ラブホテルってより、ハプニ●グバー的な場所でしょうか。

ヌーディスト村夜遊び

アダルトシネマや玩具を売っているお店も豊富です。ポールダンスバーもあるよ。

ヌーディスト村夜遊び

ここは、SやMな人たちが集うショークラブ(?)で、専門の格好をしていないと入れないっぽい(?)。オープンは22時~。

服はオーダーメイドの名前入りで作ってくれるショップがありました(笑)

ヌーディスト村夜遊び

夜遊びスポットは、男性一人だと入店不可や、割増し料金を取るお店がほとんど。2対2で交換したい人が多いから、男女2人で来るのがベストです。

行き過ぎた行為が活発化する真夜中

行き過ぎた行為が活発化する真夜中。場所はホテルの一室や夜遊びスポット、ビーチに限りません。

ホテルのベランダであったり、ホテルのスケルトンエリアであったり。

ヌーディスト村夜遊び
ヌーディスト村夜遊び

船の中であったり。

ヌーディスト村夜遊び

石の上であったり。

敷地内であれば、何処でもお構いなしといった具合。

ヌーディスト村夜遊び

ヌーディスト村初日の夜。

まだ村の実態を知らなかった私は、出歩くことなく早めに就寝して、夜中にお手洗いに起きたのですが、お手洗いに向かう途中

外で行き過ぎた声を上げる女性に驚き、お手洗いに行くのも忘れて、走り去った時のトラウマが今でも消えません・・・。

ヌーディスト村夜遊び

我々の常識では考えられない事が、世界にはあるんですね。

フランスのヌーディスト村まとめ

裸でフランスパンを買ってきたお姉さん。

裸で自転車に乗って、朝刊を取りに行くおじさん。

知らない人の裸を見ながら、食べる食事。

両親と変わらない年代の男女が、刺激欲しさに、別の男女との交換を望む。

絡み合う男女を見て、理性を失った動物のように群がる男性陣。

嬢王様に首輪を繋がれた、女装男性。

もはや、誰と誰が正式な夫婦なのか、見分けるのは困難。

まさに「常識が覆される」経験ができるフランス・アグドのヌーディスト村。

表向きは、裸で開放感を味わいたいヌーディストが集う"裸のテーマパーク"であり、その実態は"村全体がハプニ●グバー"の変態村だったのです。

ナチュリストに崇高なイメージを抱いていたのに、ただの変態村って結末辛すぎ。

 

衝撃の真実を知り、どん引きしたのは事実ですが、需要があるからこそ長年成り立っている場所なんでしょう。

マンネリ化したカップルの解決手段になるのなら。

アブノーマルな趣味を持った人たちの拠り所になるのなら。

ヌーディスト村は、どんな人でも受け入れてくれる"優しい村"としての側面を持ち合わせているのかもしれません。

優しい世界に触れたい方は、是非夏になったらフランスのヌーディスト村に足を運んでみて下さい。

お気軽にフォロー下さーい!


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

こちらもおすすめ!

 


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です