ベトナム

【2020年】kkdayメコン川クルーズ日本語ツアー参加レポート

  • ベトナムでメコン川のクルーズツアーに参加したいけど、どのツアーを選べばいいか分からない。
  • 日本語通訳がいるメコン川ツアーに参加したい!おすすめのツアーはどれ?
  • kkdayのメコン川クルーズツアーってどうなの?

今回の記事は、こんな疑問をお持ちの方向けの内容になっています。

 

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

ベトナムの首都ホーチミンから行ける人気ツアーと言えば「メコン川ツアー」ですよね。

 

RIE
RIE
現地のツアーで行けば安いよね。だけど、短期旅行だから事前に予約を済ませておきたいな!

と悩みに悩んで、kkday経由でメコン川ナイトクルーズツアーに申し込みました。

 

この記事ではメコン川クルーズツアーの詳細や参加レポート、良かった点などをお届けするので、ツアー検討の参考にぜひ!

ちなみに、ツアー情報は2020年1月のもので最新です。

kkdayメコン川クルーズ日本語ツアーの詳細

午後発 蛍を観に行こう!メコンデルタナイトクルーズツアー by TNKトラベルJAPAN

まずは私が参加したメコンデルタナイトクルーズの詳細から。

「メコン川ナイトクルーズツアー」

  • 出発地:ホーチミン市内
  • 出発時刻:13:30 – 14:00
  • 帰着時刻:21:00 – 21:30
  • 所要時間:7時間半
  • 夕食付き
  • 日本語ガイド
  • 車内WiFi付き
  • 料金:7,136円〜
  • 内容ーハチミツ農園、手漕ぎボート、豪華ベトナム料理、メコン川で蛍観賞

メコンデルタナイトクルーズの良い点、悪い点

メコン川クルーズ

kkdayメコン川ナイトクルーズツアーの悪い点

今回ツアーに参加して悪かった点は、正直ありません。

55ヶ国以上訪れて色んなツアーに参加していますが、このツアーは満足度が高くとても良かったです。

敢えて挙げるなら、夕食の飲物代がツアー代金に含まれていない点かな。

他のツアーでも同じなので、マイナス要素になることはないと思います。

 

kkdayメコン川ナイトクルーズツアーの良い点

メコン川ツアーの良かった点はたくさんあります!

良い点
  • ベトナムオフィスに日本人スタッフが常駐しているので安心
  • 日本語ガイドだから安心
  • 午後発なので、午前中にホーチミン観光ができる
  • 臨機応変な判断で渋滞を避け、スケジュール通りに催行してくれた
  • 夕食の品数は量も多く、めちゃくちゃ美味しい
  • メコン川で釣れた魚料理が食べられた
  • 海外で蛍を見るというレアな体験ができる(日本の蛍とは違う)

詳しい内容は、次の見出しをご覧ください。

kkday!メコンツアー参加レポート

メコン川手漕ぎボート

2020年1月に参加したメコンデルタナイトクルーズツアー

ここからは出発から帰着までを日記形式で綴っていきます。

 

メコンデルタへ向けて出発

13時20分、集合場所はホーチミン市内にあるTNKトラベルのオフィス。

オフィスには日本人スタッフが常駐しているので、英語が話せなくても大丈夫!

ホーチミンTNKオフィス

各ホテルへピックアップの後、日本人を9人乗せて、13時50分にホーチミンを出発しました。

メコン川ツアーのバン

旧正月期間中に行ったため、渋滞の中を下道で2時間かけてメコン川クルーズの拠点ミトーに到着しました

ちなみに午前発のツアーは、高速を使って4時間掛かったとのこと(汗)

 

ホーチミンでタクシー乗車時の注意点

車内では日本語ガイドさんが、ホーチミンでタクシーに乗る際の注意点をレクチャーしてくれました。

地元民でもタクシーにぼられるため、極力タクシーには乗らずGrabを利用しているという話に一番驚きました。

どうしてもタクシーに乗る際は、「38272727」と書いてある会社のタクシーには乗って大丈夫だけど、「382777」「38582727」など類似ナンバーのタクシーはぼったくりだから乗ったらNGとのこと。

私は徒歩とGrabでホーチミンを移動したので、ぼったくり被害には遭わずに済みました。

 

メコンデルタの蜂蜜農園へ

本題に戻して15時30分、エンジンボートに乗って第一目的地である蜂蜜農園を目指します。

メコン川クルーズ

ボートの中で、メコン川の歴史について詳しく説明をしてくれるガイドさん。

 

蜂蜜農園では蜂を見学予定だったのですが、「今日の蜂は荒れてるから危ない」という理由で見学は中止になってしまいました。

見学しなくても、その辺を蜂が飛び回ってるんですけどね。

ハチミツ農園

余った時間でゆっくり蜂蜜ティーをいただき、ティータイムを楽しみました。

ハチミツ農園

参考までに、販売しているハチミツは小ボトルが10,000ドン(約48円)、大ボトルが30,000ドン(約145円)。

ロイヤルゼリーは一個1,200円で、6個セットはハチミツの小ボトル付きで6,000円でした。

ハチに刺された人

尚、説明してくれたお姉さんの手の平を蜂が刺し、痛がってロイヤルゼリーを塗り込んでました。

 

農園の横では、ニシキヘビを巻いて記念撮影をしたり、お土産屋さんでベトナム土産を買うことができましたよ。

ミトーの蛇巻き体験

お土産類はホーチミンで買うより、全体的に安かったです。

ミトーお土産ショップココナッツで作ったティーセット

 

ミトーの革ショップ

 

その後、ベトナム伝統音楽を聴きながら、南国フルーツを堪能。

歌うベトナム人 ミトー観光

 

ココナッツ工場では作業行程を見学したり、ココナッツのお菓子を頂きました!

ココナッツ工場

 

手漕ぎボートでメコン川を楽しむ

17時20分。お待ちかねのメインイベント、手漕ぎボートに乗船です。

メコン川手漕ぎボート

4人乗りの小舟で、メコン川を15分間ほどクルーズして楽しみます

 

手漕ぎボートは自分で漕ぐのかと心配していたけど、前後に船頭さんがいたので一安心!

背の高い木々や葉の間を突き進む姿は、まさにジャングルクルーズです。

メコン川手漕ぎボート

観光客で賑わう午前中と比べて、午後は地元民が行き交い、本来の姿のメコン川を体感できた気がしました。

メコン川ならではの光景を拝めて、とっても楽しかったです。

 

 

レストランでベトナム料理を堪能

手漕ぎボートでメコン川を満喫した後は、お待ちかねの夕食タイム!

メコン川ツアーレストラン

飲み物代はツアー料金に含まれていないので、食事後の精算になります。

ビールは確か3種類あって、どれも40,000ドン(約193円)!

ソフトドリンクは30,000ドン(約145円)だったかな。

 

肝心の料理は、定番ベトナム料理のオンパレードでかなりの量がありました!

メコン川ツアー食事

しかもどれも美味しいんですよ。

これは大満足!!大当たり!!

現地ツアーだと安い分、食事がショボいと聞いていたので、大手kkdayで申し込みして本当に良かったです。

メコン川ツアー食事メコン川で獲れた川魚は、スタッフが身をほぐしてくれる

一人旅だと一度に何品も注文できないので、ツアー参加者の皆さんと豊富なベトナム料理をシェアできて最高でした!

 

メコン川で蛍観賞

ツアー最後の大イベントは蛍観賞!

メコン川夕日

ベトナムで蛍が観れるって知ってました??

 

海外で蛍を観ること自体初めてなので、本当に観れるのかな?と心配していたけど、結果的に沢山の蛍を観ることができました!

ベトナムの蛍って、日本の蛍より強い光を発するんですよ。

蛍がいる木はライトアップされてるみたいにチカチカと点灯して、クリスマスツリーみたいって思いました。

人工的なイルミネーションも綺麗だけど、自然が発する光が一番綺麗ですね。

貴重な経験をさせてもらいました。

 

ツアーを終えて、ホーチミンへ戻ったのは21時。

メコン川ツアーって、ボートに乗ってお土産屋行って終わりだと思っていたので、内容の充実っぷりに大満足の半日でした!

メコン川ツアーまとめ

私が参加したkkdayのメコン川クルーズツアーはいかがでしたか?

午後発の半日ツアーでこれだけ内容が濃いので、参加する価値は大いにあります!

というか、自信を持っておすすめします。

 

手漕ぎボート、ベトナム料理、蛍と見所いっぱいで本当に参加して良かったです。

早い時間にホーチミンへ戻って来たい方は、蛍観賞なしの午前発ツアーに申し込むといいと思います。

 

どのツアーを選ぶにせよ、kkdayのツアーなら行程が日本語でサイトに細かく載っているので、予定を立てやすく、分かりやすいのでおすすめですよ。

以上、LトラベラーRIE(@l_traveler_)でした。

この記事がメコン川ツアー探し中の方の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

 

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

POSTED COMMENT

  1. trip-paetner スカウトチーム より:

    はじめまして。 弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という旅行・夜遊び情報メディアを運営しております。 RIE様のような内容に富んだブログとの相互リンクし、お互いに訪問者数を増やせればと思っています。
    もしご興味ありましたら範國(ノリクニ)宛(japan-director@trip-partner.jp)にメールを頂けますでしょうか? その際メールにブログのURLを記載頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。
    下記ような記事を作っておりますので、読んでみてください。
    https://trip-partner.jp/15
    https://trip-partner.jp/2099

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です