イタリア

ロマンチックなイタリア・マテーラで洞窟サッシに宿泊!

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

本日はイタリアにある洞窟住居の町マテーラ訪問記録です。世界遺産の町マテーラは、歴史ある洞窟住居サッシが特徴的な南イタリアの小さな町です。

爽やかで突き抜けた美しさを持つ昼のマテーラと、ロマンチックで女性を口説き落とすのに持ってこいの夜のマテーラ。2つの違ったマテーラの魅力をお届けします。

バーリからマテーラの行き方

とんがり屋根の可愛い家々が立ち並ぶアルベロベッロを後に、次の目的地マテーラへ向かいます。

直接マテーラへ行く方法は見つからず、アルベロベッロからバーリへ戻りマテーラへ行くことに。

16時55分アルベロベッロ発、18時27分バーリ中央着。アルベロベッロとマテーラは線が違うので、バーリ中央駅に着いたら外に出て、FAL線のバーリノルド駅へ行き電車を乗り換えます。この乗り換えが本当に分かりにくかった。

運賃4.90ユーロ(約613円)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224063956j:plain

21時半頃、駅員さんが声を掛けてくれて、途中の駅で乗り換えがありました。声掛けてくれなかったら、そのまま終点まで行くとこでした(汗)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064030j:plain

幸運!イタリア人美女とドライブ

22時過ぎ、マテーラ郊外に着いたんだけど、降りるべき駅の二つ手前で下車してしまった私たち・・・。

外は真っ暗。駅に人気はなく、バスが来る気配はなし。

イタリアは治安が良くないと聞いていたからビビりながら、30分以上ある宿までの道のりを歩き始めました

すると、後ろからクラクション

車の中から現れたのはイタリア人美女2人!!

イタリア人美女2人!!

ロングヘアーのカッコイイ女性と、ショートカットの可愛い女性が、どレズ2人に何の用だというのか。

美女2人「何処に向かってるの?夜遅いから乗って行きなよ!送って行くわ!」

 

ヽ(*´∀`)ノ駅間違えて良かったー!笑

 

世界一周至上最高のドライブだったことは言うまでもありません(笑)もっと遠い宿を予約すれば良かった(笑)

 

マテーラで泊まった洞窟サッシ

美女に送ってもらいチェックインしたのは「オステッロ デイ サッシ」

時間が遅くてスタッフ不在でしたが、予め入口の暗証番号を聞いていたので問題なく入室できました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152208j:plain f:id:l-traveler-lovetabi:20180224063924j:plain

宿泊料金は1泊18.90ユーロ(約2,366円)。

この値段で、この地方特有の洞窟住居サッシに泊まれるのはお得だと思う。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064034j:plain

設備は新しくて清潔だし、大きいロッカーやキッチンあり。

立地は旧市街にあるので観光するには最適かと。

ドミトリーに泊まるのに抵抗ない方にはおすすめですよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064113j:plain f:id:l-traveler-lovetabi:20180224063957j:plain

ここから予約可能です→Booking.com

ロマンチックな夜のマテーラ

時刻は23時前。お腹を空かせた私たちは、宿から徒歩5分で行けるレストラン街へ。

イタリアは治安悪いイメージだったけど、マテーラで治安の悪さを感じる事はなかったです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064114j:plain f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064038j:plain

さて、マテーラと言えば、見所は世界遺産に登録されている洞窟住居サッシ

渓谷の岩場を掘って作ったサッシの歴史は旧石器時代まで遡るそう。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064259j:plain

迷路のように入り組んだ旧市街のサッシエリアはとても静か。

肩を寄せ合い歩くカップルを見かけては、映画のワンシーンに溶け込んだようでした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064201j:plain

オレンジの街灯がロマンチックな演出を加速させて、とっても大人な町なんですよ。

うっとりします。

マテーラに連れて来られて恋に落ちない女性はいないんじゃないかな。

口説き落としたい女性がいるなら迷わずマテーラへ!!

私なら世界中の何処の都市より、絶対にマテーラを提案します(笑)

本場イタリアでエスプレッソ体験

翌朝、近くのカフェで朝食タイム。本場イタリアでエスプレッソとクロワッサンの朝食体験です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064400j:plain f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152122j:plain

苦いコーヒーは苦手だけど、目が覚めたし、甘いパンとの組み合わせキライじゃーない。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064303j:plain

イタリア人の気持ちが少しだけ分かった気がした朝でした。

マテーラ洞窟住居サッシ散策

朝食を済ませて早速マテーラ観光スタート。セピア色の廃墟街と呼ばれるマテーラの全体像を眺めるべく、見晴らしの良いスポットを回ります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064524j:plain f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064627j:plain

骸骨モチーフの教会を見つけたよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180224064615j:plain f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152245j:plain

そしてこれがマテーラの実力だー!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152334j:plain

素敵だ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152352j:plain

今まで訪れてきたどの町とも違う奇観は、私の心を惹きつけて離しません。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152437j:plain

1950年代頃から廃墟となり、再開発が始まったのはつい数十年前のこと。

正直この町に暗い印象を抱いていたけど、昼のサッシ群を見たら、そんな気持ちは吹き飛び、ネガティブな要素は見当たりませんでした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152357j:plain

中でも岩窟教会公園は人気観光名所で、見晴らしが良く、日本人観光客の姿もありました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152409j:plain

時間が許すならマテーラにもう1泊したかったなー。イタリアで1番好きだ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152443j:plain

こんなにこの町を好きになるとは思わず、滞在時間を短く設定した事が悔やまれますが、後ろ髪引かれる思いでマテーラを後に。

マテーラからナポリへバス移動

さて、次の町ナポリへ向けて出発です。バス停は宿のそばなので非常に便利。

バス代1.50ユーロ(約187円)。1番または2番バスに乗車します。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152648j:plain

マテーラ・ナポリ間はMarinobusを使ったんだけど、バス乗り場が住宅街の一角で、分かりにくいので注意。

マテーラ11時40分発、16時30分に南イタリア最大の都市ナポリに到着です。22ユーロ(約2,754円)。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180225152610j:plain

明日はピザの本場ナポリであの有名店に突撃です!

【お知らせ】自作LINEスタンプ作りました!

友達から「これ何の動物?」「下手すぎて草」と酷評されまくりな動物スタンプ。

32種類全ての動物を言い当てる偉業を成し遂げてみませんか?笑

スタンプを見てみる

フォロー、メールお待ちしてます

POSTED COMMENT

  1. 西崎 より:

    こんにちは。
    いつも楽しく読ませて貰ってますよー。
    マテーラ、良い街ですねー。こういったもろ「旧市街」なところ大好きです。これは夜にゆっくり散歩したいところだなあ。
    イタリアは今まで特に「行ってみたいなあ」って思うポイントがなかったんですが、この街目当てに行くのも良いなあと思ってしまいました。
    こういった事があるから、人様の海外旅行Blogを読むのは楽しい(^^♪

    • RIE より:

      コメントありがとうございます!いつも読んでくださって嬉しい限りです。
      マテーラ本当によかったですよー!お2人でぜひ夜の旧市街を散歩して欲しい。
      ブログを読んで、そこに行ってみたいって思ってもらえたら、ブログを書く者として冥利に尽きますヽ(*´∀`)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です