ナミビア

ヒンバ族〜世界一美しい民族に会いにナミビア・オプウォへ

  • ナミビアヒンバ族に会いたい!オプウォのスーパーに行けば、ガイドが現れるって聞いたけど費用はいくら掛かる?
  • 世界一美しい民族であるヒンバ族って、本当に一生身体を洗わないの?

今日はヒンバ族に関する、上記の疑問をお持ちの方向けの内容になっています。

 

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

“世界一美しい民族”と言われる「ヒンバ族」が、ナミビアにいるのをご存知ですか?

写真家のヨシダナギさんが、クレイジージャーニーでヒンバ族の村を訪れた回を観て、その存在を知った方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ヒンバ族は”一生身体を洗わない民族”です。

それにも関わらず、ナミビア人たちが口を揃えて「美しい人たち」と呼ぶ不思議な存在でもあります。

美しいとされる理由が何なのか、自分の目で確かめたくて、ヒンバ族の村に行って来ました。

というわけで今日は「オプウォのスーパー発!ヒンバ族の村に行って分かった美しさ」をお届けします。

【本記事の内容】

  • ナミビア・オプウォからヒンバ族が暮らす村へ
  • コリクサスのおすすめ安宿「iGowati Lodge」

ヒンバ族〜世界一美しい民族に会いにナミビア・オプウォへ

ヒンバ族

日本人5人で回る、ナミビアレンタカー旅3日目。

現在地のオプウォは、世界一美しい民族であるヒンバ族が暮らす町で、ヘレロ族やデンバ族も住んでいます。

しかし、肝心のヒンバ族がオプウォの何処に住んでいるかは不明。

どうやって探し出せばいいのでしょうか。

 

スーパーマーケットOK Grocerでヒンバ族のガイドを探し出せ

ヒンバ族の村に行く方法はとても簡単です。

午前中にスーパーマーケット「OK Grocer」へ行くだけ。

入り口付近で立っていると、ガイドがやって来ると言う噂。

 

すると、車を降りた途端、ガイド来たーーー!!!

ガイド探しに掛かった時間、0分。

 

ガイド:「あなたたちヒンバ族の村へ行きたいんでしょ?私がガイドよ」と、声を掛けてくれたのは元ヒンバ族のマリアさん

300NAD(約2,580円)で、ガイドを務めてくれることになりました。

 

よくよく話を聞いてみるとマリアは、旅人のブログによく出てくるガイドのエリザベスさんの娘でした。

「お母さんは、ヨシダナギさんをヒンバ族の村に案内したの」と教えてくれたマリアは、さぞ嬉しそうでした。

 

ヒンバ族に手土産を買おう

人の家にお邪魔する時は、手土産を持参しますよね。

ヒンバ族の村へ行く時も同じです。

ということで、マリアと共にOK Grocerへ。

オプウォ スーパー

私たちはヒンバ族の好みが分からないため、マリアが適当に見繕ってくれます。

ヒンバ族 土産

買ったのはトウモロコシ、砂糖、油など、計200NAD(約1,720円)分

RIE
RIE
複数の民族に会う場合は、民族分のお土産が必要だよ。
ヒンバ族 スーパー

オプウォのスーパーマーケットでは、ヒンバ族やヘレロ族の方々が買い物をしており、多民族な町って面白いなって思いました。

 

オプウォ奥地のヒンバ族の村へ

手土産を購入して、準備はバッチリ!

自分たちの車にマリアを乗せて、ヒンバ族の村へGO。

ヒンバ族の村へ

車を走らせること50分。

ついに、憧れのヒンバ族の村に到着しました。

ヒンバ族の村

ヒンバ族の村で感じた、美しさの根源

ヒンバ族の村

簡素な家屋が並ぶだけの殺風景なヒンバ族の村。

オプウォまで行かないと、買い物をしたり食事をするお店はありません。

ヒンバ族の村一緒に行った友人が撮影した村のドローン画像
ヒンバ族の村ドローンに驚くヒンバ族たち

 

ヒンバ族は、トウモロコシの粉で作ったお粥(ポリッジ)を主食とし、栄養価の高いヤギのミルクを好んで飲むそう。

ヒンバ族の村

沢山いたヒンバ族の子どもたち。

ヒンバ族 子供

ヒンバの男性は衣服を着ており、他のナミビア人男性と見た目の区別は付きません。

ヒンバ族 男性

男女の違いを知り、女性だけが下唇にお皿をはめるエチオピアのムルシ族を思い出しました。

ムルシ族 ブログ
アフリカの民族|唇にお皿をはめたムルシ族に会いに行ってきた アフリカのエチオピアには、唇にお皿をはめた民族がいるって聞いたけど本当? 少数民族ツアーに参加してムルシ族に会いたい!...

 

身体に赤土を塗り、燻す姿を見学

一方、全員が民族衣装を纏うヒンバの女性。

彼女たちは身体を一生洗わず、赤土とバターを混ぜたオーカを、身体や髪の毛に塗り込んでいます

ヒンバ族

オーカを塗ることで、虫除け、乾燥、日焼けを防止しているんだとか。

ヒンバ族

村を訪問すると、このパフォーマンスを必ず披露してくれるヒンバ族からは、伝統に誇りを持っていることが感じ取れたし、観光客に生活様式をしっかり伝えたいという意思が伺えました

 

せっかくなので、赤土を塗ってもらった私たち。

ヒンバ族

ジャーン!

ヒンバ族メイク

照れて顔が真っ赤になっているわけではありません。

ヒンバ族と並ぶと違和感しかないですね(笑)

ヒンバ族

 

「ヒンバ族って身体を一生洗わないなら、臭いんじゃないの?」とよく聞かれますが、焚いた香草で燻しているため、嫌な臭いは一切しません

ヒンバ族 燻す

香草を燻した煙が消臭効果をもたらし、臭いを消し去ってくれるんだそう。

水シャワーを浴びようと思えば、浴びれる環境なのに。

香草を焚いて、身体に煙をあてる手間を選ぶなんて。

ヒンバ族

エチオピアで会った民族の中には、観光客が村に現れると、慌てて民族衣装を纏う光景を目にしました。

が、ヒンバ族は違うんです。

ヒンバ族

お金目当てで”ヒンバ族でいること”を選んでいるのではなく、古くから続く自分たちの伝統様式に強い誇りを持ち、自らの意思でこの生活を選び、継承しているんです

 

便利なものが身近にあったら、私たちは必ず手にすると思います。

だけど彼女たちが選ぶのは、お金では買えない”ヒンバ族である事実”。

ヒンバ族の家

自分が何が欲しいのか分かっていて、周囲に惑わされもせず、ヒンバ族として生まれたことに誇りを持つ彼女たちの姿を見て、

ヒンバ族が美しいって言われているのは、見た目だけのことではないんだ」とようやく理解できました。

”真の美しさ”とは、こういうことを言うんですね。

ヒンバ族 歯にハートのシールを貼ったヒンバ族の女の子

 

ヒンバ族による即席お土産ショップ

ヒンバ族の生活スタイルを説明してもらった後は、いつの間にか集まっていたヒンバ族による即席お土産ショップがオープンしていました。

ヒンバ族の村

ヒンバ族の村を訪れた時に渡したのは、スーパーで買った食料のみで、誰も入村料を取ったり、写真を撮ってもお金を請求してきません。

ヒンバ族の村

余計なお金は取らない分、アクセサリーを売って生活の足しにしようとしていることは察しがついたので、せめてものお礼にいくつかお土産を購入しておきました。

ヒンバ族

2時間の短い滞在時間の中で、ヒンバ族の優しさや強さ、美しさの根元に触れることができて、意義ある訪問になったなと思います。

ヒンバ族の村

それもこれもマリアのおかげ。

最後に皆んなで記念撮影をして、オプウォの町を後にしたのでした。

ヒンバ族の村訪問費用
  • ガイド代ー300NAD(約2,580円)
  • お土産代ー200NAD(約1,720円)

1人当たり100NAD(約860円)

コリクサスのおすすめ宿「iGowati Lodge」

ナミビア ガソリンスタンド

12時過ぎにオプウォを出た我々。

ここから370km南下して、コリクサスで1泊します。

ナミビア ガソリンスタンド途中で立ち寄った、インスタ映えしそうなガソリンスタンド

 

安宿「iGowati Lodge」を写真で紹介

5時間後の17時に到着したコリクサスの安宿「iGowati Lodge」

コリクサスで1泊する旅人は少ないけど、iGowati Lodgeおすすめです。

igowati lodge

iGowati Lodgeの良い点1つ目は、宿泊料金の安さ!

我々はテントを張ったため、1泊120NAD(約1,041円)で済みました。

igowati lodge

もしベッドで寝たい場合は、ロッジに泊まれます。

おすすめポイント2つ目は、プールに入り放題なこと!

igowati lodge

夕方でも蒸し暑かったので、プールで涼めて最高でした!

igowati lodge

3つ目は、共有スペースでWiFiが使えること!

レストランのキッチンを使わせてもらえるし、洗濯物を干すスペースもありますよ。

igowati lodge

唯一残念だったのは、シャワーがぬるかったことくらい。

孔雀人形みたいに美しい孔雀

ヒンバ族の村へ行くツアーも企画しているそうです。

ヒンバ族ツアー
RIE
RIE
一人200NAD(約1,734円)だから良心的だよね!

施設設備が綺麗だし、WiFi使えて、プールまで入れるので、ナミビアを周遊する方はコリクサスのiGowati Lodgeにぜひ泊まってみて下さい。

 

ナミビアレンタカー旅3日目まとめ

レンタカー旅3日目は、ヒンバ族の村への訪問のみでタイムアップとなりましたが、非常に有意義で充実した時間となりました。

顔に赤土を付けたまま町に出ると「ジャパニーズヒンバ!」ともてはやされたのは良い思い出です(笑)

 

自分的にはナミビアで一番行きたかったヒンバ族の村へ行けて大満足なんですが、ナミビア南部の方にも観光スポットがあるため、レンタカー旅はまだまだ続きます。

明日はどんな景色と出会えるでしょうか。乞うご期待!

以上、LトラベラーRIE(@l_traveler_)でした。

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です