LBGT

レズ、ベルリンの同性愛博物館へ行く!の巻

同性愛博物館

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

まずはお知らせ。先日公開された、ANA STOREの「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査~タオル編にて、クールタオルの紹介をしています!ちょっと出ですが、覗いてみて下さい。

「本当に使える!」こだわり旅アイテム大調査 【Vol.9:タオル編】|ANA STORE

ブログは、チャーリー検問所や青い教会などベルリン観光スポット巡りをしたのが前回。

lesbian-traveler.com

本日は当事者として興味があったので、ベルリンにある同性愛博物館(ゲイ博物館)に足を運んだ時の記事です。興味ある方はそのまま下へお進み下さい。

 

ベルリン同性愛博物館の場所・営業時間

ベルリンにある同性愛博物館(Schwules Museum)の場所はココ。

南にあるU Kurfürstenstraßee駅から徒歩10分。

ホテルのような建物の一角、Schwules Museumと書いてある場所が同性愛博物館です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106230714j:plain

LGBT関連では世界最大の専門博物館らしい!

一見すると画廊っぽいけど、手前がショップになっているからで、奥に受付があります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106230831j:plain

【営業時間】

月水木金日:14時~18時

土:14時~19時

火:定休日

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106231031j:plain

同性愛博物館の入場料・システム

館内へ入ると手前にショップ、受付、一番奥はカフェになっていました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106231628j:plain

左にロッカーがあって、荷物は全て有料のロッカーに入れないといけません。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106230603j:plain

つまり館内撮影禁止。ヨーロッパのミュージアムは大抵撮影OKなのに珍しいね。

入場料7.50ユーロ(約971円)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106231342j:plain

パンフレット片手に見学開始です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180730215609j:image

 

同性愛博物館見学スタート

館内は1フロアで、時期によって展示物は異なります。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106230637j:plain

世界最大とあって、確かに展示物の数が豊富で、古代~現代まで、同性愛に纏わる様々なものが飾られていました。

少年愛や、男性同士の恋愛が許容されていた古代ギリシャの展示物は、男性の裸体を描いた絵と彫刻が主

f:id:l-traveler-lovetabi:20180730215743j:image

彫刻品は同性愛をテーマにしている感じではなく、美術館で見かける他の彫刻と区分が付かず。

そこから現代に至るまでの同性愛の歴史、差別の様子を記述したもの、権利獲得運動の写真と文献、両性具有に関する言及、フェミニストによる運動の様子、トランスジェンダー(FTM)の方々を写した写真など幅広く充実していたのですが、

英語での説明がもう少し多ければいいなーと思いました。ドイツだから仕方ないけど。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180730215715j:image

本来の姿で写真に収まり、どこか嬉しそうな表情をした方のように、昔のFTMの方々は、皆さん大きな髭を付けていたのが印象的でした。

しかし、やはりゲイと比べて、レズビアンに関する過去の文献や写真は乏しく、デモ参加中のあからさまな写真は残っていても、何気ない情景を写したものは少なかったです。レズビアンが声を大きくして権利を主張できるようになったのは、そう昔じゃないもんなー。

最も衝撃的だったのは、女性器の、どアップ写真が何枚も飾られていた事

古代彫刻の流れから男性器の写真ならあっても違和感を感じないけど、女性器どアップの作品って見た事あります?館内撮影禁止の理由が分かった気がしました。

写真家の方は何か訴えたかったんだろうけど、同性愛の歴史を真面目に学びに来た人からしたら、作品の意図と、ここに飾る理由が理解出来ませんでした(>_<)

見学はゆっくり見て、1時間あれば足りると思います。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180106230451j:plain

 

同性愛博物館まとめ

英語解説が少ない事もあり、「興味はないけど、時間持て余してて暇だから行ってみよう」ってノリで、1000円近い入場料を支払って行くべき場所かと聞かれたら、正直首をかしげますが、展示物は時期によって変わるので、興味があるテーマの時に行くのはアリだと思います。

過去、LGBT当事者として力強く生きて来た方々の、少しずつの取り組みで、今日の権利がある事実を目の当たりにして、ほんの少しの行動で今は変わらなくても、未来から見たら、その”少し”が意味あるものに変化していくのだと痛感しました。

取り巻く環境に対して「何も変わらないよ」と投げやりな気持ちがあったのは嘘ではなく、それが今回の訪問で初めて「少しでも何かしてみよう」と前向きな気持ちになれたので、私にとっては意味ある時間となりました。

文字ばかりで分かりにくかったと思いますが、最後まで読んで頂きありがとうございました。次回はケルン編!大聖堂レポートです。


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

こちらもおすすめ!

 


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です