タンザニア

タンザニア(ダルエスサラーム)からザンビアへ4日間のバス移動

  • タンザニアからザンビアへ陸路で国境越えしたい!タンザン鉄道に乗らず、バスでの行き方を教えて。
  • ダルエスサラームからリビングストーンまでバスで移動すると何日掛かる?途中の宿情報もあると助かるんだけど。

今日は、タンザニアからザンビアまで陸路バスで国境越えしたい方向けの内容となっています。

 

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

アフリカ大陸タンザニアからお隣のザンビアまで陸路で移動する場合、タンザン鉄道に乗っての行き方がメジャーですよね。

RIE
RIE
私もタンザン鉄道に憧れがあったので、乗りたい気持ちはありました。

しかし諸事情により、列車ではなくバスで国境越えをしたので、今回はその情報を記事にしました。

 

具体的には、タンザニアのダルエスサラームからザンビアのリビングストーンまでバスでの行き方になります。

所要日数は4日間(笑)

経由地の安宿情報も載せたので、参考になると嬉しいです。

【本記事の内容】

  1. タンザニアーダルエスサラームから国境トゥンドゥマ
  2. ザンビアー国境ナコンゴからルサカ
  3. ザンビアールサカからリビングストーン

タンザニア・ダルエスサラームからトゥンドゥマへバスでの行き方

ザンジバルからダルエスサラーム

偶然出会った日本人5人と共に、タンザニアを旅した私。

タンザン鉄道で先に行った4人を追い掛ける形で、Y君と2人、ザンビアのリビングストーンまでバスで移動します。

 

ザンジバル島からダルエスサラームへフェリー移動

まずは”アフリカの楽園”ザンジバル島から、アフリカ三大凶悪都市のダルエスサラームまでフェリーで移動します。

フェリーの運賃は82,000シリング(約4,116円)で、当日フェリーターミナルで購入できました。

ザンジバルからダルエスサラーム フェリー

快適なフェリー内部は、エアコンが効いており、やや肌寒かったです。

ダルエスサラーム フェリー

 

ダルエスサラームではタクシー強盗に注意

凶悪都市ダルエスサラームのフェリーターミナルに着くと、待っていましたと言わんばかりにタクシーの誘いが待ち受けています。

ダルエスサラームのタクシーには絶対に乗ってはいけない!

ダルエスサラームでは、観光客を狙ったタクシー強盗が頻発しています。

なので「ダルエスサラームでタクシーの乗らない」は「公共の場で裸にならない」と同じくらい当たり前のこと

どこかへ連れて行かれて、身包み剥がされる可能性があります。

最悪、暴行を受ける場合も。

 

外務省海外安全情報のページにて、タクシー強盗以外にひったくり事件も多いことが分かりました。

日中,邦人旅行者が後方から何者かに突き飛ばされ,手放したカバンを奪われたなど、ザンジバル行きフェリー乗り場は失職者の溜まり場となっており,ひったくり事件の被害が続出しています。

RIE
RIE
ダルエスサラームは、特に細心の注意を払って旅行しましょう!

 

ダルエスサラームからウブンゴへバス移動

続いてダルエスサラーム中心部から、巨大バスターミナルがあるウブンゴまで移動します。

ウブンゴ行きのバス乗り場は、フェリーターミナルからすぐのところにあります。

バス乗り場なのに、駅みたいな改札がありました。

ダルエスサラーム

バス代は650シリング(約32円)。

大通り沿いのバス停に停車を繰り返しながら、無事ウブンゴに到着しました。

 

ウブンゴで超絶おすすめの安宿「Kibadamo Hotel」

ウブンゴでは1泊して、翌日早朝にバスで移動します。

という訳で、ウブンゴで超絶おすすめの安宿を紹介!

こちら「Kibadamo Hotel(キバダモホテル)」です。

外観からして綺麗な「Kibadamo Hotel」は内部も清潔で、日本の安いビジネスホテルとそこまで変わらない気がしました。

ウブンゴ ホテル

宿泊料金はツインルームで、1人22,500シリング(約1,129円)!

RIE
RIE
シングルルームもあるけど、2人ならツインルームの方が安いよ!

シャワー兼お手洗いは部屋にあって、ホットシャワーでした!

共有スペースでWiFi使えるし!

延泊してもいいくらい良い宿◎

 

周辺はレストランが数軒あるので、食事にも困らなかったです。

ウブンゴ レストラン8,000シリング(約401円)のチキンとライス

 

ウブンゴバスターミナルでトゥンドゥマ行きのバスチケット購入

ウブンゴでは、国境の町トゥンドゥマまで行くバスチケットを購入するミッションが待っています。

チケットオフィスはココ。

ウブンゴバスターミナルへ入るには入場料300シリング(約15円)が必要ですが、バスチケットオフィスはターミナルの外です。

入場料を支払って中へ入らないように〜!

 

さて、チケットオフィスには数十件のバス会社が並んでいます。

ウブンゴバスターミナル

我々を見つけるやいなや、群がるスタッフたち。

取り囲んできて、自分が斡旋しているバス会社を勧めてきます。

ウブンゴバスターミナル

「バス会社選びに失敗すると変な土地で降ろされる」という話を聞いていたので、迷いに迷ってバス会社を選定!

最終的に、Princes Muro(Lucky Star)のバスに決定しました!

プリンセスムロ

ウブンゴから国境の町トゥンドゥマまでのバス代は、45,000シリング(約2,259円)です。

 

ウブンゴバスターミナルからトゥンドゥマへバス移動

翌朝5時半、ウブンゴバスターミナルへ到着すると半端ないバスの数!

ウブンゴバスターミナル夕暮れ時のウブンゴバスターミナル
RIE
RIE
私が利用した、世界で一番巨大なバスターミナルは此処だ。

暗闇の中、プリンセスムロのスタッフを発見するもバス来ず。

結局バスが出発したのは6時50分でした・・・。

 

バスに乗り込んでくる売り子さんから、1,000シリング(約50円)でナッツを買ってお腹を満たします。

ウブンゴからトゥンドゥマ

16時、Comfortという町にて10分間の休憩タイム。

3,000シリング(約150円)で、チャーハンを頂きました。

ウブンゴからトゥンドゥマ

第一目的地である国境の町トゥンドゥマに着いたのは、夜の23時。

ウブンゴバスターミナルから16時間のバス移動となりました。

 

タンザニアからザンビアへ国境越え

夜中でも営業していたイミグレーションオフィス。

タンザニアからザンビアへ国境越えをするには、ザンビアのビザ代として50ドル(約5,586円)が必要でした。

特に問題なく、出国入国手続きとも終わったので一安心。

 

アフリカ縦断の旅は、ついに後半戦へ突入です。

 

ザンビア・ナコンデからルサカへバスでの行き方

ザンビア国旗

無事にタンザニアからザンビア国境の町ナコンデに入った私たち。

続いて、ザンビアのルサカ経由でリビングストーンを目指します。

 

ナコンデのバスで車中泊

人の流れに乗り、イミグレーションオフィスからまっすぐ歩くとナコンデのバスターミナルに到着しました。

「ルサカへ行く」というバスがいたので、210クワチャ(約2,518円)を支払って車内へ。

バス出発時間の4時まで、車中泊して朝を待ちます。

近くのATMが故障していて、ザンビア通貨を引き出せないトラブルがありました。

夜間でも両替商はいるので、タンザニアシリングを余らせておいた方がいいかもです。

 

ナコンデからルサカへバス移動

朝4時、予定通りナコンデを出発。

トゥンドゥマ バス

20時。16時間掛けてルサカのバスターミナルに到着しました。

ルサカバスターミナル

今日は何も食べていないため、バスターミナルのレストランでパンやお肉などを大量に注文!

ルサカバスターミナル ルサカバスターミナル

お腹を満たしたら、宿探しへ向かいます。

ちなみに、ルサカの街はザンビアの首都だけあって栄えており、ルサカでもう1泊したかなったな〜と思いました。

ルサカ

 

ルサカの安宿「Broads Backpackers」

バスターミナルから徒歩で、目星を付けていた安宿へレッツゴー!

しかし!時刻が遅かったため、宿が閉まっていて入れず。

近くにあった「Broads Backpackers」に泊まりました。

この近辺はバックパッカー向けの安宿が数軒まとまっています。

ただ夜は街灯がなく、宿を探し回る行為は安全だと思いませんでした。

一人行動で夜着なら、バスターミナル周辺のホテルに泊まるか、人が多いバスターミナルで夜を明かした方が安全な気がします。

 

夜遅くにチェックインさせてくれたBroads Backpackersの宿泊料金は、女子ドミで1泊100クワチャ(約1,199円)。

ルサカ 安宿

部屋は新しくはないけど、シーツは清潔だったし、寝るだけなので問題なし。

ルサカ 安宿

WiFiは故障してて使えなかったけど、ホットシャワーが出たのは嬉しかったです。

 

ルサカからリビングストーンへバスでの行き方

ルサカバスターミナル

いよいよ、ルサカからリビングストーンへ向けて、最後のバス移動が始まります。

まずはルサカのバスターミナルで、シャーロンバス(?)のチケットを購入。

140クワチャ(約1,678円)です。

シャーロンバス

6時30分、ルサカを出発。

昨日乗ったバスよりも、だいぶクオリティーが高かったので快適でした。

ザンビア 町並み

14時20分、ついに最終目的地のリビングストーンに到着!!

4日間に渡った、移動しかしない日々に幕を閉じたのでした。

 

タンザニアからザンビアへバス移動まとめ

タンザニアのダルエスサラームからザンビアのリビングストーンまで、2,500kmに及んだ大移動。

バスを4日間も乗り継いで移動したのは、私の世界一周史上最も長い移動時間だったと思います。

日本の長さと同じ2,500kmを4日間で移動したって、後から考えれば恐ろしいことだね。

ですが、長く旅していると感覚が麻痺して、移動時間を一切苦痛だとは思いませんでした。

思うように食事が取れなかったのが、嫌だったくらいかな(笑)

 

まとめとして

  • ダルエスサラームではタクシーに乗らない
  • ウブンゴバスターミナルは巨大すぎ
  • 国境では流れに乗って進むべし
  • ルサカで夜間の移動は避けるべき

バス代の合計は、6,455円!

2,500キロ移動して、6,500円って安すぎ!

以上、タンザニアからザンビアへバスでの移動情報でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です