ナミビア

エトーシャ国立公園をゲームドライブ後、車が事故る【ナミビア】

  • ナミビアのエトーシャ国立公園でゲームドライブがしたい!どんな動物に出会えるの?
  • ナミビアって車の事故が多いんだよね?レンタカー旅で気をつけることはある?

今日は、このような疑問をお持ちの方向けの内容になっています。

 

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

数百種の動物が生息しているエトーシャ国立公園で最も気になるのは、「動物との遭遇率」や「ビック5は見れるのか」ですよね。

そこで本日は、ゲームドライブをしてどんな動物と出会えたのかを記事にしました。

 

後半では「ナミビアレンタカー旅あるある」と言っても過言ではない「車の事故」を起こしてしまった事と、得た教訓をシェアしたいと思います。

【本記事の内容】

  • エトーシャ国立公園でゲームドライブ
  • ナミビアで車、事故る
  • オプウォのおすすめ安宿「P Wake Guesthouse」

エトーシャ国立公園をゲームドライブ

エトーシャ国立公園

ウィントフックからエトーシャ国立公園に移動して、一夜明けたナミビアレンタカー旅2日目。

今日はお昼までサファリを楽しんだ後、ヒンバ族がいるオプウォまで450km移動します。

 

ゲームドライブでビッグ5は見れたのか?

数百種の動物が暮らすナミビアのエトーシャ国立公園。

ここへ来た目的は、ゲームドライブをすること。

特に、アフリカサファリのビッグ5「バッファロー」「ゾウ」「サイ」「ライオン」「ヒョウ」と遭遇できるかどうかは、来園者たちの関心材料となっています。

 

昨夜、水飲み場で10頭以上のサイを見学しまして、今朝はゾウを3頭見ることができました。

エトーシャ国立公園 ゾウ

その後、発見したのはキリン。

ナミビア キリン

夜は水飲み場に、8頭近く集まってました。

シマウマ?

エトーシャ国立公園

距離の近いシマウマ。

シマウマ

ヌーの群れ。

エトーシャ国立公園

キャンプサイトにもいたリス。

エトーシャ国立公園 動物

オリックス。

ナミビア サファリ ナミビア サファリ

スプリングボック。

エトーシャ国立公園 動物

ライオン

エトーシャ国立公園

の剥製。

 

結果的に4時間近くドライブしたけど、残念ながらバッファロー、ライオン、ヒョウに遭遇することは出来ませんでした

サファリに興味なくて、エトーシャ行かなくてもいいと思っていたくらいなので、野生の草食動物をたくさん見れただけで大満足です。

周りの旅人仲間は高い確率で、ビッグ4ないしビッグ5に遭遇しているので、説得力はないけどエトーシャ国立公園でのビッグ5遭遇率は高いんじゃないかな。

車の事故が多いナミビアで、動物に衝突する

ナミビアの道路

車の事故率が非常に高いナミビア。

車の事故やトラブルなしで、ナミビアレンタカー旅を終える人の方が少ないのではないでしょうか。

ナミビア 車の事故

 

外務省の海外安全情報のページには、ナミビアで運転する際の注意事項が記載されています。

国内の道路の殆どは未舗装道路で,大変滑りやすく,日本人旅行者が横転して死傷する交通事故が発生しています。シートベルトは必ず着用し,スピードの出し過ぎや急ハンドル,急ブレーキは禁物ですので,次の点に留意し安全運転を心がけてください。

(1)予期せぬところで道路の路肩が崩れていたり,穴があいていることがあります。また,野生動物や家畜が道路にいることもありますので注意してください。
(2)郊外の道路で高速走行中に追い越す際は対向車に注意してください。
(3)外灯が少なく,夜間は野生動物の活動が活発なことから,夜間郊外を走行することは危険ですので避けてください。レンタカー等で移動する際は,日の入り前に到着出来るよう,事前のプランニングが重要です。
(4)飲酒運転が多いので,夜間市街地を走行する際には注意してください。
(5)都市部以外ではガソリンスタンドが少ないので,こまめに給油し,また,乾燥した気候の為ラジエターの水,オイルチェックもその都度することを心がけてください。砂漠地帯や自然公園等を長距離走行する場合には,予備のガソリンタンク,スペアタイヤ(少なくとも2個)と飲料水を用意することをお勧めします。
(6)外国人観光客による無謀運転の事故も多く発生しています。事故の多くは,スピードの出し過ぎが原因です。煽られても焦ること無く,法定速度を遵守して運転することを心がけてください。
(7)交通事故に遭うと,医療や運搬費などで多額の費用が必要となります。レンタカーを借りる際には必ず保険に加入してください。自損事故,法定速度超過や飲酒が原因,横転事故などは免責事項であるとして保険がおりないケースもありますので,手続きの際には十分に保険内容を確認してください。また,契約書にサインをした方が責任を負うことになるため,事前に事故をした際の責任範囲を利用者同士で決めておくことをお勧めします。

引用:外務省安全情報

私たちは、注意事項(1)の野生動物と衝突事故を起こしてしまいました。

 

事故状況と被害状況

事故が起きたのは、オプウォへ向かう途中の道で。

車の進行方向と同じ向きで歩く、数頭のシカ。

その中にいた1頭の子シカが、突然車の前に飛び出してきました

 

アスファルトの直線道だったため、スピードが出ていたと思います。

気付いた時には衝突しており、衝撃で車のボンネット付近が破損していました。

レンタカー 事故

傷付けてしまったのは子鹿だけで、5人は幸いにも無傷。

ナミビア レンタカー 事故

レンタカー会社AVISに電話したところ、100km先のオンダングワ空港にAVISがあるとのことで、車を走らせること1時間半、AVISの事務所に到着しました。

ナミビア レンタカー 事故
  • SIMカードを入れていたので電話ができた
  • たまたま電波のある場所にいた
  • 破損のみで走行はできた
  • レンタカー会社が近くにあった

シカには可哀想なことをしましたが、上記4つが重なったことは不幸中の幸いだったと思います。

ナミビア レンタカー 代車

フルで保険に入っていたこともあり、揉めることなく1時間で代車を用意してもらえたので、結果的にレンタカー旅を続けることが出来ました。

 

車の事故から学んだ10のコト

動物との衝突事故から、学んだことをシェアしたいと思います。

レンタカー旅の注意点
  1. 車の保険にはフル装備で入るべし
  2. 事故に遭った時の連絡先を事前に把握しておくべし
  3. SIMカードを入れておくべし
  4. オフラインで使えるGPSを携帯すべし
  5. ガソリンはマメに補給すべし
  6. スペアタイヤを必ず用意すべし
  7. 充分な水を車に積んでおくべし
  8. スピードは出し過ぎることなかれ
  9. 夜間走行禁止
  10. 動物には注意せよ

ナミビアはオフロードが非常に多いです。

注意していても、避けれないトラブルが起きるかもしれません。

でも、車のトラブルが多いことを把握しておくことトラブルが起きた時の対処法を考えておくこと、これだけで心の持ちようは変わってくると思います。

ナミビア 夕日

事故が起きる確率の方が高いと思って、くれぐれも安全運転で車旅を楽しんで下さい。

ナミビア 夕日

 

オプウォのおすすめ宿「P Wake Guesthouse」

オプウォ 宿

代車に変えて、車を走らせること4時間。

オプウォで予約していた「P Wake Guesthouse」に到着したのは22時でした。

P Wake Guesthouseは公式サイトを持っている宿で、1棟1棟が独立しているコテージタイプのため、プライベート空間を維持できます。

 

P Wake Guesthouseを写真で紹介

私たちは男女で2棟に分かれて、一人1泊144NAD(約1,249円)でした。

部屋はとても清潔で、南京虫等を心配することなく眠れます。

オプウォ 宿

室内にシャワーやお手洗いが備わっているだけでなく、キッチンや冷蔵庫、電子レンジにケトルなど一式揃っていました。

オプウォ 宿

別棟の共有スペースにはもっと大きなキッチンがあり、シャワーやお手洗いはそちらのものも使用出来ます。

WiFiは共有スペースのみで繋がりました。

あと、洗濯物は外に干すスペースがあります。

安いわりに清潔で綺麗だし、設備はきちんとしていて、スタッフの対応も悪くないので、悪い点は見つからず、リピートしたいと思える宿でした

ナミビアレンタカー旅2日目まとめ

ナミビアレンタカー旅2日目の様子をお届けしましたが、いかがでしたか?

エトーシャ国立公園でのゲームドライブでは、ビッグ5との遭遇ならずでしたが、アフリカでサファリをする経験が出来たので良かったです。

 

事故に関しては、レンタカー旅2日目でまだ緊張感が残り、アスファルトの舗装された直線道だったため、自分たちが一番ビックリしたのですが、安全と思われる道でも事故は起こるということを早い段階で知れたことは、まだ続く車旅の良い教訓になったなと思います。

ナミビアをレンタカーで旅する方は、本当に気をつけて旅して下さい。

私が答えられることがあれば何でも答えますので、お気軽に質問等下さいな。

以上、LトラベラーRIE(@l_traveler_)でした。

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です