まとめ記事

クレジットカード付帯の海外旅行保険を90日以上延長する裏ワザ

海外旅行保険を安く抑えて、旅する方法が知りたい!

クレジットカードの保険を90日以上に延長する方法って?

・どのクレジットカードを使えば保険期間を延ばせるの?

 

長期旅行や世界一周する時、悩みの種になるのが”旅行時の保険”ですよね。

「もしもの為に、補償がしっかりした保険に入りたい」

だけど・・・

「旅行日数が長いから、保険料がバカにならない」

「予算を安く抑えたいのに、どうしたらいいの」

RIE
RIE
私も同じ葛藤を抱えたので、とてもよく分かります。

 

という訳で今日は、元長期旅行者の私(@l_traveler_)が、クレジットカード付帯の海外旅行保険を延長する裏ワザを解説していきます。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を90日以上延長する裏ワザ

結論から先に述べると、クレジットカード付帯の海外旅行保険を90日間以上に延長する裏ワザ方法は、表の通りです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を90日間以上に延長する裏ワザ

【裏ワザに使えるカード】

エポスカード(自動付帯)

楽天プレミアムカード(自動付帯)

リクルートカード(利用付帯)

三井住友VISAクラシックカード(利用付帯)

この時点で「やり方分かったよ」って方は、続きを読む必要はありません。

自動付帯と利用付帯のカードを使って、保険を発動させていって下さいな。

 

以下では、海外旅行保険を延長する裏ワザの方法について詳しく解説していきます。

カードで旅行保険を適用させる条件とは

大前提として、多くのクレジットカードには「旅行保険」が備わっていて、その保険で「1旅行につき最長90日間」の補償をしてくれるカード会社が多数です。

 

カードの旅行保険を使う場合に気にしないといけないのが、保険を使えるようにする適用条件でして、2パターンあります。

  • 旅行に行けば、自動的に保険が適用になる=自動付帯のカード
  • カードを利用して旅行代金などを支払うと、保険が適用できる=利用付帯のカード

 

なので、出発から90日間は自動的に適用される自動付帯のカード保険を利用しましょう!

自動付帯のクレジットカードおすすめ2選

自動付帯のクレジットカードでおすすめなのは、エポスカード楽天プレミアムカードです。

エポスカードをおすすめする理由

エポスカードを、海外旅行保険のカードとしておすすめする理由は2つ。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険の補償が手厚い

【具体的な補償額】

  • 傷害死亡、後遺障害ー最高500万円
  • 傷害治療ー200万円
  • 疾病治療ー270万円
  • 賠償責任ー2,000万円
  • 救援者費用ー100万円
  • 携行品損害ー20万円

無料カードの中で、群を抜いて補償内容が充実しているエポスカードを持たない理由はないですよね。

即日発行可能ですし。

エポスカードを作る
 

 

楽天プレミアムカードをおすすめする理由

楽天プレミアムカードを、海外旅行保険のカードとしておすすめする理由も2つあります。

  1. 海外旅行保険の補償が手厚い
  2. 世界1,000ヵ所近い空港ラウンジが使い放題になるプライオリティパスが発行できる

【具体的な補償額】

  • 傷害死亡、後遺障害ー最高5,000万円
  • 傷害治療ー300万円
  • 疾病治療ー300万円
  • 賠償責任ー3,000万円
  • 救援者費用ー200万円
  • 携行品損害ー50万円

1万円の年会費が掛かりますが、楽天プレミアムカードは長期旅行者のマストアイテム。

優雅なラウンジが使えて、食事やアルコール類は全て無料、シャワーまで浴びれるので、年会費の元はすぐに取れるはず。

空港ラウンジ 空港ラウンジ

エポスカードの補償だけでは心もとないので、エポスカードとの2枚持ちを強くおすすめします。

楽天プレミアムカードを作る
 

カードの海外旅行保険を90日間以上に延長する方法

これまでの説明で、出発から90日間の保険をどうすべきかは理解できましたよね。

91日目からの保険はどうすればいいの?
RIE
RIE
利用付帯のクレジットカード保険を適用するよ!

 

怪我や病気だけでなく、ひったくり、集団スリ、睡眠・首絞め・ケチャップ強盗など、旅行に危険は付き物です。

さすがに保険が切れた状態で、旅を続けるのは危険。

そこで使うのが、利用付帯のクレジットカード

自動付帯のカードと違い、

カードを使ったタイミングで保険を適用できる=自分が適用させたい時から保険が使える素晴らしきカードです。

 

私おすすめのカードを使った、具体的な流れを書いておきますね。

①出発~90日間ーエポスカード楽天プレミアムカードの自動付帯保険を適用

②91日~180日間ーリクルートカードの利用付帯保険を適用

③181日~270日間ー三井住友VISAクラシックカードの利用付帯保険を適用

④271日目以降も、別の利用付帯保険カードを適用させればOKです

 

利用付帯のクレジットカードの注意点

 

RIE
RIE
利用付帯のカードって、使い方によっては便利だよね。

でも、浮かれるのはまだ早い!注意点が3つあるよ。

利用付帯のクレジットカード、注意点3つ

いつカードを使うか

1つ目の注意点は、いつカードを使うかの話。

  • 出国前にカードを利用して、保険適用させないといけないカード
  • 出国後にカードを使って、保険適用させればいいカード

利用付帯のカードには2種類あって、今回の裏ワザで使うのは後者のカードです。

 

これらのカードは出国前に利用としないとダメなので、保険延長には使えません。

  • 楽天カード
  • ニコスVIASOカード
  • 高島屋カードなど

 

前者のカードの場合、こういう事態になります。

利用付帯のクレジットカードの注意点

 

利用付帯のカードを持っていればいい単純な話ではないんだね。

 

何にカードを使うべきか

2つ目の注意点がコレ。

出国後、どんなものをカード決済すれば保険が適用になるのか。

 

利用付帯のクレジットカードの注意点

 

RIE
RIE
これは間違い!

”出国後、公共交通乗用具の料金を初めて、そのカードで支払った時から適用”になるよ。

 

公共交通乗用具って、例えばどんなもの?

【保険が適用されるもの】

  • 電車
  • バス
  • タクシー
  • 航空機
  • 船舶

【保険が適用されないもの】

  • ガソリン代
  • レンタカー代
  • 駐車場代

UberやGrabは、カード会社によって判断が分かれるから事前に確認しましょう。

 

安易にカードを使わないで

利用付帯のカード、注意点その3。

”出国後、公共交通乗用具の料金を初めて、そのカードで支払った時から適用”

 

利用付帯のクレジットカードの注意点

 

RIE
RIE
ダメです。自宅から空港へ向かう電車代を、そのカードで決済すると、その時点で保険が適用されます。

結果、自動付帯のカードと同じ保険期間になっちゃうよー。

 

海外旅行保険を適用させたい日まで(90日後ならその日まで)、旅行代金や乗り物代を安易にカードで決済しないように心がけましょう。

 

以上が、利用付帯カードの注意点でした。

利用付帯のおすすめクレジットカード

では、裏ワザが使える利用付帯のクレジットカードを紹介していきますね。

①リクルートカード

リクルートカード_SP
利用付帯で、ポイント還元率の高いリクルートカードを、裏ワザ利用におすすめする理由は2つあります。

  • 年会費無料
  • 2枚同時申込可能

なんと、JCBとVISAかMASTERで2枚のカードが同時に作れます。

 

2枚発行すると、どちらかの恩恵が。

  • 各カードを90日間ずつ保険適用して、最大180日間の保険をカバーできる
  • 2枚のカードを同時に適用させて、補償額を上乗せできる(※一部補償は不可)

 

使い勝手が良い上に年会費無料なので、海外旅行保険用のカードとして持つべきカード№1。

90日以上の長期旅行にはリクルートカードが超絶おすすめです。

リクルートカードを作る
 

 

②三井住友VISAクラシックカード




2番目におすすめなのは、三井住友VISAクラシックカードです。

  • 1年目は年会費が無料

2年目以降は1,250円掛かりますが、「マイ・ペイすリボ」に登録して、年1回以上カードを利用すれば無料になります。

※三井住友VISAクラシックカードAは自動付帯なのでご注意下さい

補償内容はリクルートカードの方が良いので、2枚目の利用付帯カードとしておすすめです。

三井住友VISAクラシックカードを作る
 

 

③セディナカードクラシック

3枚目はセディナカードクラシック。

最大の特徴はこれです。

  • 3枚同時申込可能

年会費が各1,000円掛かりますが、3枚同時に申し込めるので、リクルートカードと同じように恩恵が得られます。

 

ただ、現地通貨引き出し用にセディナカードを持つべきだと思っているので、セディナカードクラシックを持つより、セディナカードを作って、保険は他のカードでカバーした方がメリットが多いと思います。

セディナカード海外旅行おすすめ
セディナカードを海外旅行におすすめする理由とメリット【自信あり】 ごまんとあるクレジットカード。 何を基準に、どのカードを選べばいいのか、調べれば調べるほど混乱してきますよね。 ...

セディナカードクラシックを作る
 

セディナカードを作る【オススメ】
 

④ベルメゾンメンバーズカード(VISA)

裏ワザが使える4枚目の利用付帯カードは、ベルメゾンメンバーズカードです。

  • 年会費が無料

三井住友カード株式会社が提携しているので、補償内容は三井住友VISAクラシックカードと同じ。

 

注意点として、VISAしか海外旅行保険が付いていません。

ベルメゾンびいきでない限り、選択肢の多い三井住友VISAクラシックカードを選ぶのが普通の流れでは?

ベルメゾンメンバーズカードを作る
 

⑤Sumi TRUST CLUBカード

三井住友トラストグループが発行のカードのうち、2つが裏ワザに使えます。

  • Sumi TRUST CLUBリワードカード
  • Sumi TRUST CLUBエリートカード

ただし、どちらも年会費が3,000円掛かるのと、賠償責任が補償されないのでおすすめはしません。

Sumi TRUST CLUBカードを作る
 

海外旅行保険補償内容一覧

紹介したカードの補償内容をまとめたので、確認下さい。

利用付帯カードの旅行保険補償内容

 

各カードのメリットに補償内容を加味すると、リクルートカード三井住友VISAクラシックカードを、私がおすすめする理由に納得してくれたのではないでしょうか。

帰国すると保険はリセットされるよ

最後に、日本に帰国すると保険はリセットされるよ、という豆知識(?)を伝授。

 

例えば、出発から100日目に日本へ一時帰国したとしましょう。

再出発する時には、この前適用したカード保険を1から使えます◎

なので、旅行保険が切れるタイミングで日本に一時帰国して再出発を繰り返せば、無限にクレジットカードで海外旅行保険が補えますよ。

海外旅行保険の裏ワザまとめ

クレジットカードの適用条件を利用して、海外旅行保険を90日間以上に延長する仕組みを理解頂けたでしょうか。

もう一度、おさらいすると

①出発~90日間ーエポスカード楽天プレミアムカードの自動付帯保険を適用

②91日~180日間ーリクルートカード1枚目の利用付帯保険を適用

③181日~270日間ーリクルートカード2枚目の利用付帯保険を適用

③271日~360日間ー三井住友VISAクラシックカードの利用付帯保険を適用

これで1年間クレジットカードの保険で旅できます!

カードを賢く使って、楽しい旅を!

 

不明な点があれば、お気軽にコメントや(@l_traveler_)までDM下さい。

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です