まとめ記事

セディナカードを海外旅行におすすめする理由とメリット【自信あり】

・海外旅行の時、繰り上げ返済が簡単なカードはどれ?

・キャッシングがお得なクレジットカードを知りたい。

・セディナカードのメリットって何?

 

ごまんとあるクレジットカード。

何を基準に、どのカードを選べばいいのか、調べれば調べるほど混乱してきますよね。

 

本記事では「海外旅行」「世界一周」「長期旅行」に焦点を絞って、

54ヶ国を旅した私(@l_traveler_)がおすすめするセディナカードメリットとデメリットを解説していきます。

 

RIE
RIE
セディナカードは友達にも勧めてるカードだし、私自身このカードなしに海外旅行へ行くって考えられないな。

ガチで自信を持って、おすすめできるカードなので、良さを知ってもらえたら嬉しいです。

セディナカードとは?

セディナカードは、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)のセディナが発行しているカードです。

今から10年前の2009年に、旧ダイエー系列のオーエムシーカード、三菱UFJ系列のセントラルファイナンス、クオークの3社が合併して、セディナが誕生しました。

セディナはカードの種類が多いと言われていますが、3社が元々発行していたクレジットカードに加えて、セディナとして新規でカードを発行しているのが、その理由です。

セディナカードの種類と特徴

種類が多いセディナカードの中で、主要なカードだけをピックアップして特徴をまとめました。

セディナカードの種類と特徴

メインカードとして国内でも使いたいなら話は別ですが、「海外旅行に最適なカード」としてならスタンダードなセディナカードで充分でしょう。

18~25歳なら、海外旅行保険付帯のセディナカードファーストが良いと思います。

セディナカードをみてみる

セディナカードのメリット5つ

では早速、セディナカードを海外旅行に持って行くメリットを挙げていきます。

※以下セディナカードとは、スタンダードタイプのセディナカードのこと

①年会費が無料

まず1つ目のメリットは、年会費が無料なこと。

家族カードやETCカードも無料です。(ETCは新規発行手数料1,000円必須)

②海外のATM手数料が無料

ATM手数料が無料って、めっちゃ良くないですか?

RIE
RIE
楽天やエポス、三井住友、三菱UFJデビットなどは手数料が掛かってるよ。

 

長期旅行だとATMの利用回数が増えて、手数料代もバカにならないので、世界一周にセディナカード持って行って本当に良かったって思いました。

ちなみに、海外のATMには2種類の手数料があるのですが、セディナカードなら2つの手数料とも無料です。

③ネットで繰り上げ返済できる

3つ目のメリットは、ネットで繰り上げ返済できること。

しかも手数料無料

旅行者
旅行者
セディナって無料のオンパレードで、海外旅行者に優しすぎ!

 

繰り上げ返済しないと利息がかさみます。

ですが、通常繰り上げ返済する時は、カード会社に電話をして振り込むため、電話代と振込手数料がかかります。

普通に考えて、海外旅行中に毎回電話をするのは無理!

 

セディナカードなら、好きな時にネットで繰り上げ返済できるので、電話代や時差を気にすることなく、利息の節約ができて万々歳でした。

④海外ショッピングのポイント1.5倍

海外でセディナカードを使って買い物をすると、わくわくポイントが1.5倍付きます。

貯まったポイントは、JCBやアマゾンギフト券、dポイント、JALマイルなどに交換するか、キャッシュバックを受けることも可能です。

⑤ショッピング保険付き

旅行保険は付帯していませんが、最大50万円まで補償してくれるショッピング保険が付いています。

これはセディナカードで買った商品を盗まれたり、破損で損害を受けた場合に使える保険で、補償期間は180日間。

90日間補償の会社が多いから、180日間補償は嬉しいですよね。

 

まさに海外旅行に特化したカード!

海外旅行に持って行かない理由はないと思いませんか。

セディナカードをみてみる
 

セディナカードのデメリット

では、セディナカードを海外旅行に持って行くメリットは?

海外旅行保険が付帯していない

これに尽きます。

海外旅行保険が付帯していない分、各手数料が無料と思えば納得ですが、デメリットがあるのは事実です。

海外旅行保険は、別のカードで補いましょう。

海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカード

セディナカードのデメリットを埋めてくれる、海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカードは、エポスカードです。

エポスカードは年会費無料なのに、海外旅行保険の補償金額が高いカードとして知られています。

【海外旅行保険の補償内容】

  • 補償期間ー1旅行につき最長90日間
  • 傷害死亡・後遺障害ー最高500万円
  • 傷害治療費用ー200万円
  • 疾病治療費用ー270万円
  • 賠償責任ー2,000万円
  • 救援者費用ー100万円
  • 携行品損害ー20万円

 

盗難やスキミングに遭った時、カードが1枚しかないと詰むのでセディナカードエポスカードの2枚持ちをしておけば、まず間違いないでしょう。

その他のおすすめカードは、この記事をご覧下さい。

世界一周 海外旅行 クレジットカード おすすめ
【2019年】世界一周、海外旅行向けクレジットカードおすすめ5選 こういった悩みは、世界一周出発前に私も経験しました。 そこで、2年弱に渡って世界54ヵ国を旅行した元旅行会社社員の...

セディナカードまとめ

記事を通して、セディナカードがいかに海外旅行向きか伝わりましたか。

「海外旅行に行く時はセディナカード持って行こう!」と思ってもらえたら何よりです。

 

ATM手数料1回分が、アジアなら1食分の食費になります。

海外旅行でお金を使う分、手数料や利息は抑えたい出費ですよね。

それならセディナカードで無駄を省いて、浮いたお金でお酒を飲んでお土産買って、旅行を存分に楽しんで下さい。

セディナカードをみてみる
 

もし90日以上の長期旅行をするなら、海外旅行保険節約の裏ワザ使いませんか?

カードの海外旅行保険を延長する裏ワザ
クレジットカード付帯の海外旅行保険を90日以上延長する裏ワザ 長期旅行や世界一周する時、悩みの種になるのが”旅行時の保険”ですよね。 「もしもの為に、補償がしっかりした保険に入...

 

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行【c】【公式】トリップアドバイザー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です