カミーノ巡礼

大切な宝物~ムシアで最後の奇蹟

こんにちは。LトラベラーRIEです。

カミーノ全行程を歩き終えたのが前回。

lesbian-traveler.com

本日は2泊したムシア滞在の様子をお届けします。

 

ムシアの灯台と教会

巡礼を終えた翌日。10時起床!早起きしなくていいって最高だ\(^o^)/

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153556j:plain

快晴で絶好の外出日和だから、歩かずにはいられなくて、ムシアをぐるっと一回り。

ムシアと言えばここが思い浮かぶ最北端の灯台

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153718j:plain

穏やかだったフィステーラの海に対して、ムシアの海は荒々しい。

人はまばらで、フィステーラ岬ほど混雑してなかったから、ランチは外で一人ピクニックした(寂)

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153841j:plain

灯台のすぐ後ろにはサンタ・マリーア・ダ・バルカ教会

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154014j:plain

海側を向いてそびえ立つこの教会は、聖母マリアが小舟に乗って現れた場所と言われてるんだけど、

柵がしてあって中に入れず、覗くだけだった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154125j:plain

どうやら数年前に、火事があったみたい。

内部は白が際立って爽やかで、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154317j:plain

すっかり修復されているように見えたけど、立ち入り禁止なのは、まだ火事の傷跡が残ってるからなのかな。

反対の海岸沿いを進むと、巡礼者や観光客で賑わう港前のレストランエリアに着いた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154437j:plain

人口5,000人以上いるムシアだけど、数百人しか居ないんじゃないかと思うほど、こじんまりとしてて、

フィステーラの人たちが言ってた「ムシアはデッドタウン」って言葉も分からなくはなかった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154542j:plain

ただ、観光地化したフィステーラとは違う、静かなムシアが好きって人もいるし、フィステーラとムシアは完全に好みが二分される場所だなーと思った。

話飛ぶけど、これスーパーで買ったイチゴ。大きくて赤くて甘いのに、1ユーロ(約130円)しないの!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154629j:plain

スペインもポルトガルもイチゴ安すぎだから、普段食べないのについつい買っちゃってる。

3人でムシアのレストランへ

夕方。シングルマザー弁護士のリトアニア人女性と、ノルウェーの小さな町でおもちゃ屋を営むおじさんと夕飯に出掛けた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154936j:plain

港の前に佇む1軒のレストランバーで、

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154732j:plain

9ユーロ(約1,131円)の巡礼者メニューを食べながら、

お互いの国の話と巡礼話に華を咲かせた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154828j:plain

デザートは、巡礼仲間のジャネットさんからオススメされてたライスミルク

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630155031j:plain

やっと見つけて期待してたのに、口に合わず・・・( ̄▽ ̄;)一生に1回でいいや。笑

 

夕日に染まるムシア

ムシアへ来て必ず見たいと思っていたのが夕日。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630155231j:plain f:id:l-traveler-lovetabi:20180630155322j:plain

夕食を共にした2人と、灯台まで歩いて夕日を見に行った。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630155404j:plain

毎日見れるものなのに。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153253j:plain

何処でも見れるのに。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153517j:plain

いつ見ても変わらず美しいから、夕日を見ると安心する。

ライトが灯り始めたムシアを、丘の上から。

https://www.instagram.com/p/Bkyp13RDIGA/

Sunset time in Muxia.スペイン・ムシアの夕暮れ時(夜21時)。街並みにアイスランド感を感じた。

帰り際、2人の後ろを歩いていると、雷が落ちたみたいにハッと閃いた瞬間があって、足を止めた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153637j:plain

私がカミーノで親しくなった人は皆んな、尋常ではないほど歩くのが好きで、私の「歩くの好き」レベルを遥かに超えた人たちばかりで。

“どうしてこんなにも、歩く事にクレイジーな人と出逢うんだろう?”って、

その意味をカミーノの後半ずっと考えていて、急にその答えがズドーンと心の真ん中に降って来た

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153405j:plain

一瞬の出来事だったけど、心にすんなりと入ってきたその答えは、先の道を照らしてくれたから、この体験は、カミーノで起きた“最後の奇蹟”だと信じてる。

 

ムシアからサンティアゴ・デ・コンポステーラへバス移動

翌朝7時半、港前のバス停からバスに揺られて2時間。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154204j:plain

サンティアゴ・デ・コンポステーラに戻って来た。

バス代は8ユーロ(約1,005円)。予約制ではなく、乗車時に料金を支払うシステムで、本数は多くない上に、曜日によって時間が変わるので要確認。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラのアルベルゲ

サンティアゴ大聖堂は先日と打って変わって、巡礼者で溢れ返っていた。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154107j:plain

これからの時期、もっと人が増えていくんだろうな。

サンティアゴ・デ・コンポステーラで1泊するのは、朝食付で14ユーロ(約1,760円)の「Hostel SCQ」

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154418j:plain

つい最近出来たばかりで、まだスタンプすらなかったけど、バスターミナルからすぐの立地が魅力的。

清潔さ◎部屋は狭くて、スタッフは常駐しておらず、多少不便あり。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630153901j:plain

初の日本人客だったらしく、スタッフの子どもが「日本語で僕の名前を書いて!」とせがんで来て可愛かった。Booking.com

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラの荷物預かり所へ

そしてラスト任務!リスボンからサンティアゴ・デ・コンポステーラに送った荷物の回収へ。

私が利用したのは郵便局の局留めではなく、Casa ivarという荷物預かり所

日本人でここ使ってる人の情報が出て来なかったから不安だったけど、何も問題なし。

預かり期限は最大60日間。料金は大きさにより15~25ユーロ

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154005j:plain

営業時間は平日10~14時と16~17時。土曜10~11時。日曜8時~8時半と20時~20時半。

料金は後払いで、クレジットカード払いOK!私の荷物は大きいから25ユーロ(約3,143円)だった。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630154203j:plain

感動ものだったメインバッグとの1ヶ月振りの再会。笑

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラからリスボンへバス移動

翌朝。11時のバスで、ポルトガルのリスボンへ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180630160056j:plain

結果的にスタート地点のリスボンまで戻る事になったから、リスボンの宿で荷物預かって貰えば良かったじゃんって後悔はあとの祭り(笑)

サンティアゴ・デ・コンポステーラのバスターミナルはココ!バス代38ユーロ(約4,778円)

自分の足で1ヶ月かけて歩いた道を眺めながら、バスで9時間半。

「交通機関使うと呆気ないな」と思ったけど、リスボンを出発した時と、戻ってきた今では、自分の心持ちが明らかに違っているのが分かった

長いようで短かった、この1ヶ月。

田舎道を歩いて過ごした何気ない時間は、この旅の大切な宝物になりました。たまに覗いては懐かしんで、これから先もずっとずっと大事にしていきたいと思います。


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

こちらもおすすめ!

 


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です