カミーノ巡礼

【カミーノ巡礼・持ち物と必需品一覧】ポルトガルの道を歩く準備

カミーノ巡礼持ち物

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

カミーノ巡礼・ポルトガルの道ブログスタートします!!

今日はポルトガル・リスボンで行ったカミーノ巡礼へ向けた準備の様子。

持ち物や必需品、クレデンシャルの情報をまとめました。

持ち物一覧は下にあるので目次から飛んで下さい。

カミーノ巡礼(サンティアゴ巡礼)とは!?

「そもそもカミーノ巡礼って何ですか?」という話ですが、キリスト教三大聖地であり、聖ヤコブの遺骸があるスペインの西「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」を目指す巡礼を指します。

  • フランス人の道
  • 北の道
  • ポルトガルの道
  • イギリス人の道

などなど巡礼路は複数存在。

巡礼路には巡礼のシンボル的なホタテ貝の目印や、進行方向を示す矢印があり、それに沿って進んでいきます。

移動手段は徒歩以外に、自転車、ロバや馬、途中でバスや鉄道を利用する事も可。日本のお遍路に似ていて、毎年2万人が巡礼を行うそうです。

私はキリスト教徒ではありませんが、カミーノ巡礼は世界一周出発前からやりたかった事の1つで、本来なら旅の締め括りに、と考えていたメインイベント!

なので今回、強い意志を持ってカミーノに望みます!!

カミーノ巡礼・ポルトガルの道って!?

さて。複数ある巡礼路の中で私が選んだのは「ポルトガルの道」!

一番メジャーなのはフランス人の道で、全体の65%を占めるらしい。カミーノ巡礼をした世界一周者は、フランス人の道を歩く人が多いんじゃないかな。

800kmありますが、華やかでアルベルゲ(巡礼者専用宿)や道が整備されているのが特徴だとか。

一方、ポルトガルの道は全体の15%を占め、サンティアゴ・デ・コンポステラまで387km地点のポルトからスタートする人がその内11%640km地点の首都リスボンからスタートする人は4%ほどだと聞きました。

理由はアルベルゲの少なさ。宿と宿の距離が離れている為、辿り着いた町のアルベルゲが満室または閉鎖していた場合、次の次の町まで行かないとアルベルゲがない、なんて事が。

ただし高低差が少ない道なので、比較的歩きやすいのではないかと思います。

当初はフランス人の道を歩く予定でしたが、今いるポルトガルを観光してからフランスへ移動するなら、ポルトガルの道を歩けばいいや!という単純な理由と、

情報が多いフランス人の道を歩くより、情報がほぼないリスボンスタートのポルトガルの道を歩いた方が冒険感があって楽しそうという理由で、ポルトガルの道を選びました。

リスボンでクレデンシャル(巡礼手帳)入手

世界を旅するならパスポートが必要なように、カミーノ巡礼をするならクレデンシャル(巡礼手帳)が必須となります!

私はポルトガルのリスボンにあるバリシカ教会(?)でクレデンシャルを購入しました。

中に入り、左手奥に事務所がありました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403025413j:plain

費用は3ユーロ(約377円)。要パスポートです。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180403024416j:plain

 

カミーノ巡礼・ポルトガルの道ガイドブック入手

クレデンシャルをゲットしたら、次はガイドブックと地図を入手しなければなりません。日本から来る方は、アマゾンなどで買って持って来るべし。

私はリスボン市内にある本屋を数軒回り、やっと英語版のガイドブックを見つけました!

カミーノ巡礼に関する書籍が置いてある本屋はあっても、ポルトガル語のものばかりで英語版のガイドブック入手は簡単ではありません。

見つけた本屋はココ。モールの2階に本屋があります。地図上の違う位置に表示されているBook Houseが移転して、このモールの中に入ってまーす。

ガイドブックを購入する時、タイプの店員さんに「巡礼を楽しんで!」とウインクされてアワアワしてしまい、お釣りの小銭をばらまきました(笑)

※巡礼スタート地点のリスボン大聖堂で、英語版の地図&クレデンシャルを販売していました(笑)日本から来るなら、ネットで買って持ってくるのが一番楽で確実です◎

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182042j:plain

多くの巡礼者が左の地図を使ってます。右がクレデンシャル!

 

カミーノ巡礼の持ち物・必需品入手

続いては巡礼に向けて装備品を整えます。お世話になったのはヨーロッパ各国にあるDecathlon

日本より安くアウトドア用品が揃いますよ~!

私は以下の商品を購入しました。

  • 40ℓのリュック
  • リュック用レインカバー
  • トレッキングポール
  • 中敷き
  • 厚手の靴下2足
  • 防水ズボン

じゃじゃ~ん!

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402164019j:plain

これで荷物は揃ったぞ!持ち物一覧は一番下にアリ。

 

リスボンで段ボール入手

残された準備はあと1つ。どでかいオスプレーのスイッチバッグをゴール地点のサンティアゴ・デ・コンポステラに送らなければなりません。

荷物をそのままの状態で送れたら便利なのですが、ポルトガルでは全ての荷物を梱包する必要があります。=段ボールを入手せねば!

尚、リスボンのCTT(郵便局)に確認したところ、オスプレーが収まるサイズの段ボールはなし!一番大きいサイズでもサブバッグすら収まりません。

私がGETしたのはベビーカー用の段ボール!こちら↓

f:id:l-traveler-lovetabi:20180327022841j:plain

何とか収まりました~!

 

荷物をサンティアゴ・デ・コンポステラに送る方法

荷物の送り先は、サンティアゴ・デ・コンポステラにある郵便局を指定して、局留めを利用している方が多いようですが、預かり期限が2週間とか1ヶ月とか情報が様々で不確か。ポルトガルで何ヵ所か観光したい町があるので、私の場合1ヶ月の期限でギリギリかな。

そこで見つけたのがLuggage Storage in Santiago de Compostela。料金は荷物の大きさによりますが15~25ユーロで、預かり期限は60日間!安くないですか?

不安だったので、事前にメールを送っておきましたが問題なさそうです!参考までに。

 

カミーノ巡礼の持ち物・必需品一覧

以下、巡礼に持参した持ち物・必需品一覧です。

①40ℓのリュック

オスプレーはカミーノ中、使っていた人が一番多かった人気のアウトドアブランドです。40ℓ以下では小さいので、40ℓ以上をおすすめします。

 

②トレッキングポール

軽量で折りたためるトレッキングポール2本セット。平坦な道ばかりではないので、1本だけでも持って行くと、足の負担が軽減されますよ。

 

③マウンテンシューズ

整備された道を歩き続けるわけではないのでウォーキングシューズで役不足。登山靴にしないと足を怪我します。必ず防水加工してあるものを!

 

④レインカバー

荷物でリュックが膨らむので、余裕を持たせたサイズ推奨。

 

⑤レインジャケット

愛用していたのはモンベルの防水加工がしてあるレインジャケットです。雨風をしのいでくれるのでお世話になりっぱなしでした。

 

⑥レインパンツ

雨の日だけでなく、寒い日に防寒用として使ってました。

 

⑦ポンチョ(合羽)

レインジャケットやレインパンツではなく、ポンチョを使うのも手です。バックパックを背負った状態で羽織れるよう大きめのサイズを。

 

⑧街歩き用サンダル

夕飯に出掛ける際や、土足禁止のアルベルゲ(宿)で履くサンダルは必需品です。

 

⑨寝袋(シュラフ)

寝袋持参のアルベルゲ(宿)が多いので必須アイテム。 紹介したのは私が使っていた寝袋で、値段が安いのに軽いしコンパクトでコスパは高いと思います。

 

⑩ウォーキングスパッツ(タイツ)

これ履いてるのと履いていないのでは雲泥の差が!少しでも体の負担を減らす為に、絶対履いた方がいい!ミズノのバイオギアはおすすめ!

 

⑪靴下

長時間歩くので、厚めで通気性が良い靴下をぜひ。

 

⑫帽子

日よけの帽子は絶対必要です。

 

⑬日焼け止め

帽子と同じく日焼け止めも忘れずに。海外で買うと高いので、日本から持参すべし。

 

⑭ヘッドライト

朝早く出発する時に使います。

 

⑮爪切り

爪で足が痛くなった時用に、念のため持っておいた方が安心です。

 

⑯足裏用バンドエイド

普通の絆創膏だけでは不十分。まめ対策に皆んな持ってます。足裏にまめが出来て歩けない時は、これを貼るとウソみたいに痛みが軽減されますよ。

f:id:l-traveler-lovetabi:20180402182519j:plain

 

⑰コンセントアダプタ

海外対応のアダプタです。バッテリーも忘れずに。

 

⑱タオル

重さと乾きやすさを考えて、速乾タオルをおすすめします。

 

⑲ポカリの粉

スポーツドリンクは売ってません。体調が悪い時にも役立つので、何袋か持って行くといいかも。

 

⑳カメラ

ずっと持ち歩くので軽さを重視するのが一番いいと思います。私はソニーのαシリーズを持って行きました。

 

その他アイテム

  • ダウンコートやパーカー
  • 長袖ヒートテック
  • 長袖Tシャツ
  • 半袖Tシャツ
  • 長ズボン
  • 短パン
  • パジャマ
  • 下着2~3日分
  • 手袋
  • シャンプー
  • 石鹸
  • 化粧水
  • 歯ブラシ
  • 綿棒
  • 充電器
  • イヤホン
  • 南京錠
  • お菓子
  • 財布
  • パスポート
  • クレデンシャル
  • お菓子
  • ガイドブック

他にも種類はありますが、ほとんどの人が使ってるガイドブックがこれです。

残念ながら日本語版はありませんが、アルベルゲ(宿)の情報が載ってるので、ないと困ります。

リスボンだと探すのに苦労したので、日本から持っていくのが絶対良いです。

他の道のガイドブックもアマゾンで売ってるのでチェックしてみて下さい。

カミーノ巡礼準備まとめ

以上が、カミーノ巡礼に向けて行った準備です。持ち物や必需品は一覧リストで見てもらえれば完璧だと思います。

色々と買わないといけない物があったり、クレデンシャルを入手したり大変ですが、必要な事なので余裕を持って準備を始めて下さいね。

そして荷物は極限まで軽くして下さい。

右も左も分からず最初は不安だと思いますが大丈夫。

カミーノ巡礼全般に関する質問はいつでも大歓迎なので、困った事があればコメント下さい。

それでは良い巡礼を!

■~2018年ポルトガルの道の軌跡~■

【カミーノまとめ】

【カミーノ巡礼・持ち物と必需品一覧】ポルトガルの道を歩く準備

スペイン巡礼の記録~費用、時期、治安、ガイドブック、持ち物まとめ

【リスボン~トマール】

カミーノ1日目。13時間42キロ歩いた末にあったのは希望か絶望か

カミーノの奇跡~You are my angel.

巡礼仲間の平均年齢60代!?シェア飯とシスターからの贈り物

デジャブ!アルベルゲが閉鎖して泊まれません

初めての涙。正直しんどい

スタンドバイミー気分を味わいたいなら、ポルトガルの道へどうぞ

トマール観光~キリスト教修道院に行ってきた

【トマール~コインブラ】

カミーノ巡礼とは、己との戦いであると同時に野良犬との戦いである

難なしも、たまにはいーでしょ

ポケットから煙が!私は期待を裏切りません(涙)

大学が世界遺産!?コインブラ観光で外せないコインブラ大学へ

【コインブラ~ポルト】

誕生日 20人ドミに 1人きり

0.99と1.01の法則~”雨のち晴れ”が教えてくれたコト

私がカミーノ巡礼を始めた理由

カミーノ巡礼13日目にして病院で寝泊り

運命感じちゃってもいいですか

ポルト観光日数2日間のすゝめ

【ポルト~フントウラ】

母と娘。5年間毎年カミーノを歩き続けている親子と出逢った

私はマッサージ師ではありません。

眠れぬ夜は君のせい

ポルトガル最後の夜

【フントウラ~サンティアゴ】

【祝!スペイン入国】徒歩で国境越え

残り100キロ~変わりゆく景色

歩き過ぎた悪い例

終焉と覚醒~噴水に始まり噴水で終わる

正しい巡礼

【ポルトガルの道カミーノ完結】サンティアゴ・デ・コンポステーラへ

巡礼証明書とサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂でミサ

【フィステーラの道】

【フィステーラの道】最果ての地目指して、90キロのカミーノを歩く

緑の大地を歩く~カミーノ巡礼27日目

フィステーラ岬~カミーノ最終地点・最果ての地で・・・

【ムシアの道】

【ムシアの道】ラストカミーノ~34日間754キロの先に

大切な宝物~ムシアで最後の奇蹟

【ポルトガルの道カミーノ完結】サンティアゴ・デ・コンポステーラへ

【お知らせ】自作LINEスタンプ作りました!

友達から「これ何の動物?」「下手すぎて草」と酷評されまくりな動物スタンプ。

32種類全ての動物を言い当てる偉業を成し遂げてみませんか?笑

スタンプを見てみる

フォロー、メールお待ちしてます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です