ベルギー

チョコ好き厳選!ブルージュでしか買えないチョコレートショップ2選

ブルージュチョコレートショップ

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

「ベルギーチョコ」で有名なベルギーですが、北西のブルージュ「チョコレートの街」と呼ばれています。約50のチョコレートショップが軒を連ねて、街を歩くとチョコレートの香りに包まれるとか、包まれないとか。

チョコレートを主食にするほど、大のチョコ好きを公言する私が、ブルージュで有名な2つのチョコレートショップを紹介します。

 

フランスからベルギー・ブルージュへの行き方

フランス・アグドのヌーディスト村で奇妙な体験をした後、ouiバスで次の国ベルギーを目指します。向かうは、チョコレートの街ブルージュ。

フランス・アグド駅(16:35発)→パリのベルシー(翌06:40着)。25ユーロ(約3,790円)

ベルシー(07:30発)→リール(10:30着)。

リール(12:00)→ベルギー・ブルージュ(13:15)。14.90ユーロ(1,865円)

丸1日近くバスを乗り継いで、ベルギーの北西ブルージュ駅に到着です。

第一印象は、木陰のベンチで読書するのに良さそうな静かな街。

ブルージュバスターミナル

3ユーロ(約375円)の市バスで、宿近くのバス停へ移動しました。

ブルージュからブリュッセル行き方

 

ブルージュのおすすめホステル

ブルージュで泊まったのは、中心地から徒歩圏内の「スナッフル ホステル」。木の窓枠が付いた白い壁のホステルです。

ブルージュおすすめホテル 宿代は朝食込みで、1泊目が22ユーロ(2,754円)、2泊目は26ユーロ(3,255円)でした。

ベルギーブルージュホテル

ホステル自体新しくて、広い4人ドミだったから、凄まじく快適。

ベルギーブルージュホテルベルギーブルージュホテル

部屋にロッカーが付いていて、シャワー&お手洗いは各階にあり。

ベルギーブルージュホテル

ブルージュに来る時は、また泊まりたい良宿です◎Booking.com

ブルージュのチョコレートショップ巡り

早速、ブルージュへ来た目的であるチョコレートショップ巡りスタートです。

ブルージュチョコレートショップ

あっちにも、こっちにもチョコレートショップがあって、チョコ好きのテンションを最高潮に引き上げてくれます。

ブルージュチョコレートショップ

約50あるチョコレートショップを全て回りたい所だけど、時間的金銭的に無理なので、数店舗に絞って訪問。

中でも美味しかった2つのおすすめチョコレートショップをご紹介します

ブルージュチョコレート

余談ですが、スマーフはベルギー生まれのキャラクターって知ってました?

ブルージュチョコレート

地元民に人気のDUMON(デュモン)

まず紹介するのはDUMON

家族経営の小さなお店ながら、材料へのこだわりが強いのが特徴的。地元民に愛され、知名度が上がり、ブルージュに数店舗を構える人気店に成長しました。

首都ブリュッセルでは買えないため、ブルージュに足を運んだら、絶対に訪れたいチョコレートショップです。

ブルージュチョコレート

店内はこじんまりとしていて、すれ違うのがやっと。時間帯によってはレジに行列が出来てました。

ブルージュチョコレート

詰め合わせの箱は1kg28ユーロ。

ブルージュチョコレート

お店の大きさに比べて、チョコレートの種類は多いです。

店員さんにこやかで、アットホームな雰囲気がにじみ出てました。

ブルージュチョコレートブルージュチョコレートブルージュチョコレート

変わり種のTHE CHOCOLATE LINE(ライン)

次に紹介するのはTHE CHOCOLATE LINE

斬新なチョコレートが多いと話題のLINE。えっ?って思う食材と組み合わせたチョコレートが「あら?意外と美味しいじゃない」と評判を呼び、人気店への駆け上がりました。

LINEも首都ブリュッセルには出店していないので、是非ブルージュでチェックを。

ブルージュチョコレート

先ほどのDUMONとは違い、店内には製造過程のディスプレイがあって広々としています。

ブルージュチョコレート ブルージュチョコレート

客層は若い人の方が多かったけど、年配の方もチラホラ見かけました。

ブルージュチョコレート

フレーバーの種類はもちろんですが、お土産に喜ばれそうな数々のチョコレートが置いてあるので、目移りしています。

ブルージュチョコレートブルージュチョコレートブルージュチョコレートブルージュチョコレートブルージュチョコレート

詰め合わせの箱は1kg68ユーロ。DUMONは1kg28ユーロなので、随分と強気な価格設定ですね。

ブルージュチョコレート

私は一番小さい箱の3つチョコレートを選べるものを買ったのですが、チョコレートの種類があまりに多くて選べず、店員さんに相談して選んでもらいました。

「ビターがいい」「フルーツフレーバーが好き」など希望を伝えるだけなので、迷ったら店員さんに相談してみて下さい。

購入したチョコレート

コレがブルージュで買ったチョコレートです。DUMONで買った箱詰めチョコは、店出てソッコー食べちゃった(汗)値段は各500円前後。

ブルージュチョコレート

左のDUMONは、甘さ控えめであっさり。LINEは、フレーバーによって当たり外れがありましたので、吟味を重ねて購入下さい(笑)

屋根のない美術館・ブルージュ観光

本当に素晴らしかったので、美しきブルージュの街並みを写真で紹介します。

「チョコレートの街」と呼ばれるブルージュですが、その街並みは「屋根のない美術館」と形容されています。

ブルージュ観光

正直「世界一美しい街」だとか、やたらハードルを上げた異名を持つ土地って、実際訪れてみると「違うじゃん」ってことがたまにあります。

だから「屋根のない美術館」ブルージュに疑念を抱いていたのですが、全力で謝罪したい!ブルージュは本物だ!

ベルギーブルージュ観光

中心部が華やかなのは、他の土地と一緒。ちょっと曲がった小道や、何気ない風景が本当に美しいんですよ。

ベルギーブルージュ観光

旅友達も「ブリュッセルよりブルージュの方がいい!」って言ってたけど、本当にそう。

ベルギーブルージュ観光

「ヨーロッパで一番美しい街は?」と尋ねられたら、

迷わず「ベルギーのブルージュ」って答えます。

ベルギーブルージュ観光

レンガ造りの街並みを背景に、石畳の上を走る馬車。

心地良いリズムで、ステップを踏む馬の足音。

一瞬、タイムスリップしたような感覚に襲われて、心奪われました。

ベルギーブルージュ観光

街全体が「屋根のない美術館」であり、”静寂の中にある美しさ“って言葉がピッタリ。

ベルギーブルージュ観光

観光自体は1日あれば充分だけど、とても気に入って延泊した私。時間が許すなら1週間位居たかった。

ブルージュ観光 ブルージュ日本食レストラン

聖血礼拝堂とブルージュ土産

街並みが美しいブルージュですが、運河クルーズは定番観光の一つになってます。

ベルギーブルージュ観光

乗っていないけれども。乗れば良かったと後悔してる。

中心部のビール博物館も人気です。行っていないけれども。ベルギーはビールが有名だから、ビール好きには堪らないでしょうね。

ベルギービール博物館

博物館は10~17時まで。バーとギフトショップは10~18時半まで営業してます。

ここは市庁舎の隣にある聖血礼拝堂。キリストの聖血が納められています。

ブルージュ聖血礼拝堂

開館時間は9時半~12時半。14~17時半まで。

ブルージュ聖血礼拝堂

聖血拝観は2階でできますが、閉めてる最中に行ったせいで、肝心の2階へ行けず。

薄暗い1階の礼拝堂だけ見学して終わりました。

ブルージュ聖血礼拝堂

それと、チョコレート以外でブルージュ土産としておすすめなのが、レース刺繍です。

ブルージュはレースが有名なんですよ。

ブルージュ土産

手間暇かけて細かい作業な分だけ、良いレース刺繍は値が張りますが、芸術品の域で素敵でした。

ブルージュ土産

ブルージュ観光まとめ

コレって見所がある訳ではありませんが、運河に囲われ、中世の古い街並みが残されたブルージュには、沢山のステキが詰まっています。

大都市の華やかさとは違った雰囲気を味えるので、都会の喧騒から離れて、ゆったりとした時間の流れに身を任せたい時に訪れたい街です。

個人的にはベルギーで一番好きな街であり、22ヶ国以上ヨーロッパで一番美しい街だと思います。

治安は良く、首都ブリュッセルから日帰りで行けるので、ベルギー旅行の際はブルージュまで足を伸ばしてみて下さい。


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

こちらもおすすめ!

 


下記バナーを押して頂くと、ブログのランキングがアップします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
1日1クリックお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です