タイ

ミャンマービザをタイのバンコクで申請取得【2018年免除決定】

バンコクミャンマービザ申請

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

タイからミャンマーに陸路で入国できる?
RIE
RIE
できるよ!2018年10月から1年間ビザが免除されてるから、ミャンマーに行くなら今がチャンス!

今回は2017年4月にタイ・バンコクのミャンマー大使館で行ったミャンマービザの申請方法についてまとめました。2017年4月の情報

2018年10月からスタートしたビザ免除情報を一番下に追記したので先にご覧下さい。

バンコクにあるミャンマー大使館の場所・行き方

タイ・バンコクにあるミャンマー大使館の場所はここです。

スラサック(surasak)駅が最寄りです。

私はミャンマー大使館のそばにあるホフト ホステル バンコクに宿泊していたので、歩いて行きました。このホステルめっちゃおすすめ!

道中では地元民で賑わう朝市的なものがやってました。

スラサック駅朝市

到着したミャンマー大使館の外観がこちら。

バンコクミャンマー大使館

ミャンマー大使館のビザ申請受取時間

バンコクのミャンマー大使館情報は以下の通りです。

  • ミャンマー大使館営業日:月曜日から金曜日
  • ビザ申請時間:9時~12時
  • ビザ受取時間:15時半~16時半

ミャンマービザ申請時の持ち物

申請時に必要な持ち物は以下の5点です。

  • 申請用紙
  • 顔写真2枚(4.5×3.5)
  • パスポート
  • パスポートコピー1枚
  • ビザ代

※パスポートは申請時に預けます。

ミャンマービザ代金とビザ受け取り日

どんどん値上がりしてるミャンマービザ。

私が申請した2017年4月はツーリストビザが1600バーツでした。

バンコクミャンマービザ

受け取り日が当日・翌日の場合はビザ代1600バーツ+手数料が掛かります。

3日目以降の受け取りなら手数料は掛かりません。

私はバンコクに暫く滞在する予定だったので、3日目以降を指定して手数料なしになりました。

【ミャンマービザ料金表】

  • 当日=1,600+690=2,290バーツ(約7,168円)
  • 翌日=1,600+550=2,150バーツ(約6,730円)
  • 3日目以降=1,600+0=1,600バーツ(約5,008円)

バンコクでミャンマービザ申請時の様子

ビザ申請当日。

9時のオープン前から並んでいる人がいると聞いていたミャンマー大使館。

並びたくないので、7時50分にミャンマー大使館へ到着しましたが、待ってる方が数名いらっしゃいました。

バンコクミャンマービザ申請

後の予定が控えていて、ミャンマー大使館開館と同時に申請したかったので、

道端でミャンマービザ申請用紙を売っているおばさんから、5バーツ(約17円)で申請用紙を購入。

バンコクミャンマービザ申請

大使館が開くのを待っている間に、記入をしました。

バンコクミャンマービザ申請 バンコクミャンマービザ申請

8時35分。扉が開いて中へ。

バンコクミャンマービザ申請

申請用紙が置いてあるので、9時に窓口が開くのを待っている間に記入する時間があり、申請用紙を購入した意味はありませんでした(笑)

だけど、早く行った甲斐あって受付番号2番。

バンコクミャンマービザ申請

8時55分窓口オープン。

9時5分申請手続き終了。早っ。

ちなみに9時過ぎても申請に来る人はさほど多くなく、月や日によって波があるのかなぁと感じました。

ミャンマービザ受取日はいつ?

急いでいないので申請から3日目以降の受取を希望した私。

  • 申請日ー2017年4月11日
  • 受取日ー2017年4月18日

日が空いているのは、水かけ祭りソンクランにぶつかり、大使館がお休みになるから。

土日を挟んだ事も関係して、翌日12日以降だと、一番早くて18日が受取日でした。

4月に申請する場合は、ソンクランと被らないか確認を!

バンコクでミャンマービザ受取時の様子

2017年4月18日。ミャンマービザ受取日。

受取時間である15時半前に行きましたが、窓口が開くと同時にこの人の数。

バンコクミャンマービザ受取

受け取るだけなので長時間待たされる事はなく、15分くらいで無事にミャンマービザをゲットできました!

これでタイの後はミャンマー行き決定だー!

以上「ミャンマービザをタイのバンコクで申請取得してみた」でした。

実際に国境越えした時の様子は、この記事から確認下さい。

タイ(メーソート)からミャンマー(ミャワディ)へ陸路で国境越えこんにちは。LトラベラーのRIE(@l_traveler_)です。 旅友達のケビンとチェンマイ郊外のドイプイ散策をしたのが前回の記...

2018年ミャンマービザ免除情報

追記です。

日本と韓国を対象に、2018年10月1日~2019年9月30日入国分までのミャンマー観光ビザが不要になりました。

滞在可能日数は30日以内

空路だけでなく陸路入国も免除対象です!

具体的には、ヤンゴン空港、マンダレー空港、ネーピードー空港、ヤンゴン港、タチレク、ミャワディ、コータウンなど、旅行者が訪れる主要地域は抑えているので朗報ですね。

ビザ免除は1年間のお試しということなので、2019年10月以降はどうなるか未定です。

ミャンマーに行くなら今が絶対ベストですよ。

【お知らせ】自作LINEスタンプ作りました!

友達から「これ何の動物?」「下手すぎて草」と酷評されまくりな動物スタンプ。

32種類全ての動物を言い当てる偉業を成し遂げてみませんか?笑

スタンプを見てみる

フォロー、メールお待ちしてます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です