持ち物

旅行中に読みたい本10選~旅先で本交換をしよう

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

世界一周旅行へ向けて準備を進めているわけですが、せっかくの長期旅行で時間があるから本を沢山読みたいと思っています。

飛行機の機内や、移動時間、プールサイドでリラックスしながら本を読むのは、旅行中の楽しみって人もいるはず。

今回は私が世界一周へ持って行く本と、旅行におすすめの本をまとめて紹介します。

「深夜特急」沢木耕太郎

旅行におすすめする1冊目の本は、沢木耕太郎さんの紀行小説「深夜特急」。

この本のルートを辿って、実際に旅する者がいるほど、旅好きには欠かせないバイブル本となってます。

本を読むのは好きじゃないけど、どんな旅の話か知りたい方は、大沢たかおさんが主人公を演じたドラマをチェックしてみて下さい。

「旅をする木」星野道夫

「世界一周へ行くなら読んで!」と友達がおすすめしてくれたのが、星野道夫さんの「旅をする木」。

星野さんがアラスカで過ごした日々を描いたエッセイ集だそうで、これから読むのが楽しみです。

「長い旅の途上」星野道夫

星野道夫さん続きですが、3冊目は遺稿集として出版された「長い旅の途上」を旅本に挙げました。

「どうぶつ奇想天外!」の撮影でロシアに行った際、ヒグマに襲われて亡くなった星野さんの最後のメッセージとして読まれ続けています。

「WORLD JOURNEY」高橋歩

旅人の憧れである自由人・高橋歩さんが、世界を旅して得たノウハウや感じたことを表現した1冊。

高橋さんの著書はどれを読んでも、旅に行きたい気持ちがウズウズと沸き起こってくる不思議な魔力を持っています。

「アルケミスト 夢を旅した少年」パウロ・コエーリョ

世界中で名作になっていた「アルケミスト 夢を旅した少年」。

羊飼いの少年が、ピラミッドを目指して旅する中で、様々な困難を乗り越え成長していく物語で、少年と共に読者も人生の意味について知れる奥深い1冊です。

旅人仲間がプレゼントしてくれたので、旅の序盤に読んでました。

「星降るカミーノ 魂の旅路」神渡良平

6冊目は「安岡正篤の世界」で知られる神渡良平さんが書いた1冊を紹介します。

この本は、神渡さんがフランスからスペインにかけて800kmある巡礼路(カミーノ)を、歩いた時のストーリーと、思い巡らせたことを描写したもので、私も世界一周中にカミーノを歩く予定なので気になって購入しました。

実際に私がカミーノを歩いた時の記事はコチラ。

カミーノ巡礼ポルトガルの道
カミーノ1日目。13時間42キロ歩いた末にあったのは希望か絶望かこんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。 カミーノ巡礼・ポルトガルの道~リアルタイム更新を始めました。前回...

「国家」プラトン

完全に私の趣味ですが、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの議論を弟子のプラトンがまとめたもので、「正義とは何か」について書かれています。

お堅いイメージがある哲学書ですが、対話篇形式になっているので読みやすいのが特徴。

大学の時に1度読んで「彼らが存在していたギリシャの地に立てたら、もう一度読み返そう」と心に決めていたので、ギリシャの地を踏んで実現させたいと思います!

「ニーチェが京都へやって来て17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」原田まりる

今話題の原田まりるさんが書いた実存主義哲学のエンターテイメント小説!

若手女性が哲学関連の本を出版するのは珍しい気がします。

入門書として読み易い、分かり易いと評判で、巷では「ニー哲」と呼ばれています。

ニーチェが京都にやって来るという発想が凄すぎて、気になったのでトークイベントに行ってきました(笑)

f:id:l-traveler-lovetabi:20161209212122j:image

世界一周に持って行くと宣言したら、嬉しいメッセージを頂きました。

読み始めるのは、旅に出てからの楽しみにとっておこうと思います。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161209212153j:image

漫画版も発売中です。

「四季 春」森博嗣

基本的に小説は、森博嗣さんが書いたものしか読まないほど大好きで、旅行におすすめというより、普段からおすすめしたい1冊です。

例として"全ての起源"である「四季」を挙げましたが、森さんが書かれた本はどれもおすすめです。

ミステリー好きの方はぜひ。

「インド旅行記1 北インド編」中谷美紀

10冊目は女優・中谷美紀さんが単身でインドを旅した時の紀行本です。

インドに興味を持つきっかけとなった1冊で、何度も読み返している旅行記なので紹介しました。

私が訪れた北インドのおすすめはココ。

ラダックパンゴン湖
パンゴン湖~「きっと、うまくいく」のロケ地へ(ラダックツアー)こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。 道閉鎖の不運に見舞われた1日目のツアーを終えて、世界で最も高い塩...

旅行中に読みたい本まとめ

私の趣味と偏見で旅行中に読みたい本10冊を挙げましたが、いかがでしたか?

名作揃いなので、読んだことのある本が多かったかもしれませんが、旅のお供に選んでもらえたら嬉しいです。

短期旅行だと、そこそこ良いホテルに泊まって、他の旅行者との交流ってツアー以外だとないけど、長期旅行者は安いゲストハウスに泊まるので、旅人同士の交流が生まれます。

特に日本人宿ではそうで、宿の共有スペースには旅人が置いていった本が置かれていています。

その本を1冊頂戴して、自分が持っている本を1冊置いていく。

または、旅先で出会った旅人同士が、お互いの本を交換し合う「本交換」の儀式が行われることがあるそうです。

世界一周をしなければ巡り合わなかった旅人との本交換は、楽しみの一つです。

一期一会の人との出会い。

一期一会の本との出会い。

そして、本が世界を旅する。

素敵じゃないですか。

旅先で、もし私と出会った時には、本を交換して下さいね。

スカイスキャナー格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】【H.I.S.】 海外・国内旅行

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています。
1クリック頂けると嬉しいです!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です