登録

証明写真を安く撮る方法。FreeDPEなら30円で作れるよ!

証明写真を安く撮る方法

こんにちは。LトラベラーRIE(@l_traveler_)です。

証明写真代って高くないですか?証明写真機で撮ると、1回700円、800円して高い上に、使う写真って1、2枚じゃないですか。

そこで、もっと安く証明写真を撮る方法見つけました

ちなみに、私が証明写真を必要な理由は、これから世界一周旅行に行くので、ビザ申請時に証明写真だからです。面倒なのが、国よって提出する写真のサイズが違うんですよ。

というわけで今回「FreeDPE」というサイトを利用して、色んなサイズの証明写真を安く作ったので、作り方の手順を説明します。

 

激安証明写真作成ツール「FreeDPE」

証明写真を作れるフリーソフトやアプリは意外と種類が豊富です。違いは「値段・印刷出来る場所・作成可能枚数」など。

その中で私が利用したのは、「FreeDPE」

「FreeDPE」なら、たった30円で、簡単に、証明写真が作成可能です!

 

「FreeDPE」利用前にする準備

FeeDPEを使う前に、証明写真としてプリントしたい写真を、自分で撮影して下さい

  • 撮影はスマホのカメラでもOK
  • 自分で撮っても、誰かに撮ってもらっても大丈夫
  • 背景は白明るい場所で撮りましょう

例として、この子の写真を撮りました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160634j:image

ルールは通常の証明写真と同じです。サングラスをかけたりマスクをして撮ってはいけません。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160650j:image

 

「FreeDPE」の使い方手順

①FreeDPEのサイトに接続

  • PC用公式サイト「FreeDPE
  • スマホ用公式サイト「FreeDPE

まずは「証明写真を作成する」をクリックします。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160707p:image

②画像をアップロード

「ファイルを選択」をクリックして、撮った画像を選択。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160744p:image

選択した画像が小さい画像になって現れます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160731p:image

③サイズを選択

手順②と同じ画面上で、写真のサイズを選択。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160806p:image

今回は「4×3」を選択しました。

④写真の範囲選択

手順②でアップロードした画像を使って、プリントしたい範囲を選択。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160839p:image

プレビュー画像で見ながら、丁度良い範囲になるよう調整します。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160853p:image

こんな感じで範囲指定しました。

画面下の「証明写真を作成する」をクリックします。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160911p:image

⑤画像を保存

実際にプリントされるイメージ画像が表示されるので、問題ないか確認して下さい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112160949p:image

問題なければ、「コンビニでプリント」をクリック。

⑥利用規約に同意する

規約に「同意する」をクリック。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112161009p:image

⑦ネットワークプリントに画像登録

ネットワークプリントに画像を登録するので「画像を登録する」をクリック。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112161033p:image

印刷の時選べるように「明るめの画像も登録する」にチェックを入れて下さい。

⑧ユーザー番号発行

ユーザー番号が発行されるので、メモして下さい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112161054p:image

他のサイズも作りたい場合は、トップに戻って手順①から進めて下さい。

以上、「FreeDPE」での証明写真登録手順でした。

 

コンビニで「FreeDPE」の印刷方法

①コンビニへ行く

次は印刷です。メモしたユーザー番号の有効期限内に、サークルK・サンクス・ファミリーマート・ローソンへ行って下さい。私はローソンを利用しました。

プリンタを探して、小銭を投入。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112161148j:image

②プリントサービス

2段目一番左の「プリントサービス」を選択。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112161211j:image

③ネットワークプリント

上の段一番右の「ネットワークプリント」を選択。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112161231j:image

④ユーザー番号入力

メモしてある「ユーザー番号」を入力。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112190019j:image

⑤プリントタイプとサイズ

右の「画像プリント」を選択。プリントサイズは、左上の「L判写真」を選択して下さい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112190020j:image

左の「L判」を選択。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112190026j:image

⑧プリント枚数

4枚入りの証明写真の必要枚数を「+」で選びます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112190109j:image

「FreeDPE」のサイト上で「明るめの証明写真も登録する」にチェックを入れていたので、「通常の証明写真」か「明るめの証明写真」どちらか選んでプリントできます。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161112190041j:image

以上が「FreeDPE」を使ったコンビニでのプリント手順です。

 

肝心の値段は、証明写真4枚をプリントして計30円

写真1枚30円ではなくて、4枚で30円ですよ。8枚欲しければ「+」をクリック。計60円で作れます。

安すぎて、証明写真機で写真撮るのアホらしい!

 

「FreeDPE」でパスポート用の写真を作る

「FreeDPE」は、履歴書に使う証明写真だけでなく、様々な用途の証明写真に対応しています。

パスポート用の写真を撮る場合。画像サイズを「4.5×3.5(パスポート・マイナンバーサイズ)」にすると、ご丁寧にプレビュー画像で「青丸部分に頭のてっぺんと顎を合わせて下さい」とパスポートガイドが出てきました。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161113000327p:image

安いくせに親切な奴です。

 

「FreeDPE」はサイズカスタマイズ自由

実は決まりきったサイズ以外に、自分で好きなサイズの写真を作成することが可能です。

サイズを選択する画面の一番下に「その他のサイズを選ぶ」という項目があるので選んで下さい。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161113000416p:image

たて、よこ好きなサイズを指定するだけでOK。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161113000449p:image f:id:l-traveler-lovetabi:20161113000518p:image

カスタマイズしたサイズの証明写真が完成です。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161113000531p:image

 

証明写真は毎回4枚セットではない

通常4枚の証明写真を30円で作成できます。

ただし例外がありました。「5×5」など通常より大きいサイズの証明写真を作る場合、なんと4枚ではなく、2枚30円でした。

f:id:l-traveler-lovetabi:20161113000603p:image

どっちにしても安いので、えーと思う額ではないですよね(笑)

 

安く証明写真が作れる「FreeDPE」まとめ

どうでしたか?証明写真30円って安すぎて、よく分かりません。というか、証明写真機で撮る写真が高すぎるのか!?

証明写真を安く作れる「FreeDPE」の存在を知っておけば、これから先、証明写真代に高いお金を払う必要はありません。一生もののツールと言ってもいいはず。

色々書きましたが、私の説明が無駄なくらいとても簡単に、そして安く、証明写真が作れるので、皆さんぜひ「FreeDPE」を使ってみて下さい。

余談ですが、これから世界一周へ行かれる方、ビザ申請に使う証明写真のサイズは「4.5×3.5」と「5×5」の国が多いので、余分に持って行った方がいいと思います。

【お知らせ】自作LINEスタンプ作りました!

友達から「これ何の動物?」「下手すぎて草」と酷評されまくりな動物スタンプ。

32種類全ての動物を言い当てる偉業を成し遂げてみませんか?笑

スタンプを見てみる

フォロー、メールお待ちしてます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です